2007_11/28
ようやく新曲。

ふぃ〜!!
とりあえず全容を大体形に出来たと言っていいでしょう!
前々から取り組んでいた新曲!
いろいろ1つのテーマに沿って作って行くうちに、
この曲は美織さん思考がメインとなった曲になったかな?
同じように、今度は僕の思考をメインとした曲を書くつもり、
いわゆるアンサーソング??
こういうのもいいですね!
思わぬ方向へ進んで行く、これがまた刺激的なんですよ。
まだまだ、この新曲も改良されて行く事でしょう。
今の段階でもかなりいいけどね!
音数少ないのに、雄大で包み込まれるような包容力のある曲に仕上がりそう!

さて、いろいろありまして、
告知なども遅れていましたが、milly la foretライブ参加決定です!
12月25日、クリスマスなんですね〜。
詳細は決まり次第、早めにお知らせしますので、
もう少しお待ち下さい!





2007_11/23
バスケットボール大会。

朝早くに起きて、軽い軽食をコンビニで買い、
集合時間に間に合うように、寒い中会場に向かう。
うーん中学高校時代の日曜を思い出します。
毎週日曜はどっかで、試合とか練習試合してたからな〜。
試合会場のぴりぴりとした独特の緊張感、
ボールが跳ねる音、キュキュッと鳴るバッシュの音。
タイムスリップしたようでしたね〜。

何度かこの雑記に登場してますが、
今日は今年作ったバスケチームで臨む、初の公式戦だったんです。
結果は91-81で敗退してしまいましが...。
初戦とはいえ、なかなか思うようにはいかないものですね。
でも今後の課題もたっぷりわかって、
何より、楽しめました。
思いっきり身体を動かしたり、真剣勝負の世界はいい刺激になります。
元々、性格が好戦的だとよく言われるからか...?

今後、最初にやらねばならないのは取捨選択だと思う。
この問題はチームに限らず、すべての人が直面する問題だと思います。
取捨選択については、長々となりそうなのでまた後日。。。

久しぶりの公式戦、身体より精神的に疲れた〜。眠い!





2007_11/20
今、1人の時に思う事。

「音楽」とはなんでしょう?
ある人は「表現」だと言う、ある人は「癒し」だと言う。
ある人は「鑑賞」だと言う。
そして「表現」の中でもその方法は100人いたら100通り、
表現をどこまで追求するのか、出来るのかも100通り。
その中で「追求したい」と思う目標が、先に先にと見えて来る事が、
さらに次のstepになって行くのだと思います。

いろんなライブを見に行ったり、
ローディやらせてもらったり、
師匠についていろんな所に行ったり、
純で幼くて可愛かった(…。)4年前に比べると、
遥か遠くに目標が見えていると思う。
山の上にかかっていた雲が、少しずつ晴れて行き、
より山頂に近い所が見えて来る。
目標が見えてくると、練習も音楽を聴く耳も、
よりシビアにマニアックになってきます。
あとは、、、、そこに自分の力で行き着く事。
これこそが、難しい。。。
そんな事考えながら、今日も自宅のミニミニスタジオ(自称)で、
ピアノやギターと声をかき鳴らす。
めちゃめちゃショボイけど、こんな小さな機材達も、
4年間のバイト代を費やし買い足して来た(もしくは借りている)
「山登り」するための大事な仲間です。





2007_11/17
イル8thライブ「ヒトデ」

今回のライブでは、裏方をメインに手伝いをさせて頂きました。
ローディ、運転手、家政婦etc...
いつもは出演させて頂いたので、
いっぱいいっぱいの部分もありましたが、
今回は少し距離をおいた、冷静な目でいろいろ見させて頂いて、
かなり濃い勉強させてもらいました。

イル、やっぱり魅力的です。
ライブ開演早々、持って行かれましたね。
リハを多少見させてもらっていた僕でも釘付けでした。
あの世界の作り方は真似出来ない、イル独特の持ち味ですね。
その場所、あのライブ会場でなきゃ味わえないものだと感じました。
お客さんの中には感極まって、涙を流されている方もいらっしゃいました。
その気持ちがよーくわかるステージでした。
今迄とは大きく違う部分に、「曲間」がありました。
ものすごいスムーズな流れがあり、ライブ全体を非常に演出していました。
おそらく気づかれない...でも確実によりよいものが出来上がる。
そんな事にも気を配ってやられていたんですね〜。
裏方の作業、曲作りや機材の使い方も教わってきている僕にとっては、
この1つの手間、気づいてもやりたくない...(笑)
というのも、この作業をするだけで、
1日以上時間が潰れる大変な作業なのです。
ライブ前の有り得ない忙しさの中、よくやったな〜と、
プロデュースされてた美織さんには感心するしかありませんでしたね。
寝る暇あったんだろうか?超人です。マジでw

このイルライブ、一つの分かれ道でもありました。
演劇なのか、音楽なのか、
なかなか2足のワラジとは行かないのが芸術ですから、
今回が分岐になるであろうことは、
共演者やスタッフの人々も感じていたように思います。
そして、イル自身が一番感じていた事だったのだなぁと、
ステージを見てひしひしと感じました。
しっかりと、自分の進む方向の答えを表現されていたように思います。
毎回一緒にいろんな事をやらせてもらう中、
そういう感性の鋭さは人一倍優れているなぁと、尊敬してしまいます。

仲間がステージに立つ姿は、本当に刺激されます。
いろんな発見が、経験となり、
今後の自分を支える!
ライブに関わらせて頂けたことに感謝!!
 





2007_11/13
牡蠣パーティ。

先日、某オイスターバーで食事した時、
キャンペーンで、会計時にくじをひいたら、
なんと1等!
景品で「産地別の生牡蠣5種類盛り合わせ」が当たりました。
後日郵送されて来た牡蠣は、北海道産、オーストラリア産、宮城県産etc…。
合計30個!!
ってなわけで、millyの制作日でTUKASAさんも来て下さるという事だったので、
牡蠣持参、生牡蠣、焼き牡蠣に、TSUKASAさんお土産の世界各国のビールも加わり、
美織さんの作るバルサミコの効いたリゾットや、
北海道産のポテトサラダで、完全な宴会モード。
ライブ直後のTSUKASAさんも、ライブ直前の美織さんも、
コレと言って何も無いあらい君も、すっかりゆる〜く楽しみました。
こういう時間、すっごい大切なんですよ!
音楽とか、一緒に何かを作りあげる人達と、
別な部分でも素敵な時間を共有する事。
これが、後々になって生きてくるのです!
この時間がものすごい大きな違いを生み出すのです。

特に最近頻繁に3人で話す事も多いわけですが、
この3人での話、非常におもしろい。
3者3様、ものすごく同じような考えの時もあれば、
まったく考えもしなかった意見が出て来る事もたくさん。
millyだけでやっていたら、きっと意識がいかなかった意見もあり、
コラボの素晴らしさを実感できます。
今日は、制作ではなかったけど、
ものっそい密度の濃い時間を過ごさせてもらいました。
美織さんもTSUKASAさんも、魂が熱い。。。
 





2007_11/8
ゲットォォオオ。

ついに!
2月のポリスLive in東京ドームのチケットが販売ですね。
今年の4月にポリス、インサイドアウトを見てからずっと待ってました!
そして、本日プレリザーブで無事ポリスのチケットゲット!
もうね、ほんと何が何でも!という気迫でしたからね。
なんかプレミア限定グッズがつくという、
3万円のチケットにも惹かれましたが、
3万出すくらいなら....。
2回見に行きます!
何を隠そう13日、14日と続けて行きます東京ドーム!
だって前回来日したのは27年前でしょ?
僕は影も形もなかったわけで、見たくても見れなかった...。
だからその時の分も見てやる!
という訳の分からない理由です。
あぁぁ今から楽しみだ〜。
年末の飲み会なんて、僕にはありませんね。
働かねば...。





2007_11/3
初台へ。

millyと「とぐら」でコラボして下さったTSUKASAさんのバンド、
still you turn me on...を見に初台へ。
ライブが始まるまでは、近くのオペラシティにて、
LIFE - fluid, invisible, inaudible ...を見に行きます。
まず、先に訪れたこの展示場、
子供の頃「科学未来館」で大興奮したときの事を思い出しました。
LIFE - fluid, invisible, inaudible ...では、
絵や作品を見る、と言った従来の展覧会ではなく、
見たり、触ったり、声を出したり、体感する展覧会でした。
触ると影だけが動くオブジェや、音をほぼすべて吸収してしまう部屋、
人に反応して動く映像などなど。。
最近流行の「参加型」と言った感じだったように思います。
プログラムされたものが、展覧会を飾る時代か〜。

そしてそのまま目の前のライブハウスへstillを見に行く。
1年ぶりのライブ、という事でしたが、
やっぱり「stillでしか作れない世界」を持っているのはすごい。
人の目を釘付けにさせるパワーがあると思います。
まずメンバーのみなさんが、一人一人パワー持ってるしな〜。
でもそれゆえに、みなさんが忙しくて、
活動が1年に1回くらいのライブになってしまうんだろうなぁ。
stillファンとしては、この世界をどーんと突き詰めて、
バンド活動を本格的にできたら、
もっと洗練されて行くのではないか!?
という期待を持ってしまいますw
stillは特に生でライブを聞いて、ググっと来るバンドだと思うし。
あの音圧。。。今でも身体に残ってます。。。