2007_10/28
三つ子の魂百まで。

同門である、イルこと青木さんのお芝居、
かうしてprologueを観に中野へ。
正直お芝居内容は、、、わからんちんでした(汗
純文学だから分かんなくて寝ちゃうかもよ?と言われてましたが、
はい、やっぱりわかりませんでした(すみません)
ただ、青木さんの芝居が今迄とまったく違ったのには驚きました。
良く言えば「新境地開拓」、
悪く言うと「らしくない」という印象を受けました。
(知った風な口聞いてすみません)
お芝居の世界も役者の世界も知らない僕がどうこう言えるものではないですが、
なんだか「これでいいのか?」と思っているような「迷い」を感じてしまいました。
おそらく「迷い」が伝わって来たから、
純粋に「新境地開拓」と思えなかったのかな。

そしてそのまま、これまた同門の七川礼位ちゃんのライブへ。
前回見た時よりも、随分と開放された印象を持ちました。
「自」がより強く出て来た印象。
そしてサポートのkey&choを担当していた国吉理応ちゃん、
「自」が強く出て来たからこそ、その「自」を抑えつつ、
礼位ちゃんにしっかり合わせていた印象。

三つ子の魂百まで、と申しますが、
持って生まれたもの、経験を積んだもので勝負する、
芸術に関わる人は特に、
20代のこの時期、否が応でも自が出てくるのでしょうね。
だからこそ、日々いろんな経験をして、
いろんな事を感じて、おいしいもの食べてw
「自分」を磨いていたいと思った日でした。





2007_10/26
Myspace!

どどん!どどどん!
青空市3以来、milly楽しみにしているよ!
と言って下さってたみなさん、お待たせしました!
本日より、Myspaceにて2曲の試聴が可能になりました!
左のメニューバーのmusicからいつでもmilly la foretのページへ飛べます!
ぜひご試聴下さい!





2007_10/19
milly制作。

先日に引き続き、今度はとぐらの歌入れ。
みなさんに聞いてもらえるように、ある場所で公開予定なのです。
10月の終わりにはupされますので、お楽しみに!
と、いうのはいいのですが、
まぁ相変わらず僕ぁ下手なわけで、
録音時もエンジニアを困らせるわけです。
(美織さんが歌入れの時は僕が、
僕の歌入れの時は美織さんがエンジニアしています)
歌入れ100日やると99日はダメだしの嵐という現状でして、
んま〜、時間がかかるわけです。
いや、ほんとすんません。
よくこの現状でまだ歌うなぁ〜と自分に感心してきた最近..。

と、こんな山あり山ありの経過を経て、
録音完了。
毎度歌入れのあとはぐったり、、、。
眠い。。。
下手でもなんでも、魂は塗り込んみました。
ぜひ楽しみにしててください。





2007_10/16
milly制作。

さてさて、TSUKASAさんとのコラボ曲をやる一方、
millyの新曲も上がってきました。
と、いってもこの曲はほとんど美織さんが作って下さったわけですが。。。
今回の曲はそもそも「記憶」について、
僕が妙に考え始めた事がキッカケなわけです。
ふと考えるととても面白いものだと思いませんか?
まったく実態が無いのに、誰もが必ず持っている。
あまりにも不確実なのに、確実に共有できる。
時とともに風化するものと、鮮やかになるものがある。
と、考え始めるとキリがなくなってきたわけです。
普段まったく使ってない頭なんですが、
考え始めると止まらない、ザ・イノシシ年なので。

では、なんで記憶が必要なんかな〜??
って事をmillyで、考えたり話したりしてたんですよ。
そしてmillyなりの想いを曲にしてみてるわけです。
これがさ〜、
、、、いいんですわ〜。
なんか本当に誰もが持っている、自分自身の記憶の中のを彷徨うような、
不思議な浮遊感と、暖かさを持った曲なのです。
乞うご期待。
やべぇな、、、millyの曲完成度高いの多い...。
歌が、オイツカナイ..。
ファイト、あらいさん。。。





2007_10/11
蝉が鳴いた。

ふと気づくと、声がした。
裏山から聞こえた夏の声。
いつの間にか、消えた夏の声。
仲間で、大合唱するかのように鳴いていた声。
その声がたった一人で、10月の空に響いてた。

目が覚めたら、いつもと変わらない場所、
朝の柔らかい日差しが眩しくて、鳥はさえずり、
風が撫でる木々の音が少し聞こえる朝だった。
だけど、、、誰もいない。
家にいるのも自分だけ、外に出ても人の気配はない。
大声を出して誰かを呼んでみるけど、
世界が自分の声を忘れたように、虚しく響く。
ものすごい不安が腹の芯から押し寄せて、
身体からは汗が吹き出す。
誰にも会えない事が怖いのではなく、
「誰からも忘れられてしまった」と恐怖を抱いた。。。

そんな夢を小さい頃に見た事を思い出した。
今鳴いている蝉が地中で、どんな夢を見ていたのか知りえるはずもない、
けれど、「僕」が完全に忘れてしまわないように、
日記に書き留めておこう、そう思った10月の昼下がり。。。





2007_10/5
合宿。

バスケットチームの合宿へ行ってきました。
と、いうわけで合宿のめっか、山中湖へ。
朝起きてバスケ、昼食べてバスケ、
夕飯食べてもバスケ、まさにバスケ三昧!
さすがにちょっと疲労困憊。
それでも怪我なく、みんな楽しんでバスケ堪能してたから、
よかったよかった。
楽しみを共有出来るって、人間独特の事なのかな?
ちょっとエゴっぽい考えか?
仲間と、時間や考えを共有できる、
そういう時はやっぱり幸せだと思う。
動き回ってたくさん汗かいて、スッキリ!
やっぱ運動はいい。。。

始めて山中湖に行ったんですが、それはそれは富士山が綺麗に見えました!
さすがに雪はまだ被ってなかったけど、
堂々たる大きさの山を見てると、日本一ってやっぱすげぇと感心。
 





2007_10/1
映画「スクリーミングマスターピース」。

前日に、この映画がかなりいいらしいのだけど、どう!?
とお誘い頂く。
アイスランド、と言えば世界的にも一目置かれている土地。
世界的なアーティストを生み続けているものの、
決して恵まれているわけではなく、むしろ環境はひどく悪い。
そんな国のアーティストに迫れるという事で、
非常に興味津々。
毎月1日=映画の日!と思い出し、明日にしましょう!と即決。
レイトショーでしか見れないというこの映画を見てきました。

ほんっとーにたくさんのアーティストのライブ映像や、
インタビューから構成されているのですが、
(このライブ映像がまたたまらないんですわ〜)
一つ一つ、言葉に重みがあるんですよね。
その中で、ビョークは「アイデンティティ」という言葉を使います。
自分達の世代は、デンマーク領からも独立したその渦中、
どこの国の者なのか、自分は何者なのか、
アイデンティティが非常に曖昧だった、と。
音楽をやる人、みんなが多かれ少なかれ、
音楽の中にアイデンティティを求めているのかもしれないな。。。
また、あるプロデューサーは言います。
世界に通用するアーティストは、才能とたゆまぬ努力と、
積み重ねが必要だ、と。
アイスランドという国は、たしかに貧しいかもしれない。
それゆえに、日本よりもずっと豊かな心を大切に、 積み重ねて来たのだと思う。
なんでも気に食わないものをリセットし、
新しいスタート地点を自分で勝手に設けてしまう日本。
文化の軌跡が真逆に向かっていっていないだろうか?
そしてそれこそが、個のアイデンティティを消失させてないだろうか?
きっとこれから、僕らの世代が抱えて行く問題の一つだと思います。
この時期にこの映画に出会えた事に感謝。