journal 2008
2008_7/29
「あの曲」をリアレンジ。

1部では名曲、1部では迷曲と言われたあの曲、
「砂時計」のリアレンジ。
歌詞が僕の性格のごとくわかりずらい、
そのくせオケは薄く、難しい曲なので、
歌のレベルの低さが目立ち、
曲の良さを引き出せずに、
Liveでは盛り下げた事すらあるあの曲です。
でもね、じっくり聞いて下さった方からは、
必ずと言っていい程の好評を貰ってもいる曲です。
まぁ簡単に言えばアレですね。
歌のレベル上げろって事でもあるんですけどね。
milly la foretで話し合った結果、
リアレンジし、更に曲の良さを引き出せるようになれば、
アルバムに入れられるはず、という事になり、
制作に踏み切ったのです。
そしてさらに、素敵なミュージシャンとのコラボも!?
僕が旅行中にも関わらず、美織さんが動いて下さってたのです。
(すびばてん。。。働きます。)
詳細は追ってご報告。
リアレンジ、確実にいい方向へ進んでます!
そして歌い方も研究、以前Liveで聞いて下さった事がある方も、
びっくりするくらいの曲に仕上がりそう!
久々の日本食もご馳走になり、今日はいい日だった〜。
ありがとうございます〜。





2008_7/28
だらだら。

時差ボケ抜けず、だるさMAXですが、
日に当たり、気合いで1日を過ごす。
途中、友人から連絡が入り、
「久々に日本食が恋しいでしょ」
と、食事の誘いを受け、連れて行ってもらいました。。。


ステーキハウスに。

忘れてました。
僕の友人だって事を。。。凹
まぁそんな関係だからこそ、なんの遠慮もなく、
心地いい空間を作れるのですけどね。
そんなわけで、『肉の生活』を1日延長しつつも、
ひさびさにだらだらと、友人達と過ごしましたとさ。





2008_7/27
帰国。

只今帰りました。
(日記の更新が滞っていたため、
読んで下さってる方には一瞬だったかもw)
アメリカ内も結構移動したので、
時差ボケの連続でフラフラです。。。
成田空港からの帰り道、
蒸し暑い日本の気候にうだりながらも、
大きな入道雲と、夕焼け時のヒグラシの鳴き声に、
なんだかホッとして、肩の力が抜けました。
アメリカ内での旅行記は、
後日、別ページにて。。。
080727 080727_1
080727_3 080727_4





2008_7/19
アメリカへ。

たぶん10年以上ぶりに、家族揃っての旅行に行ってきます。
場所は以前父と母が暮らし、
兄が生まれた場所、アトランタ。
それとその他、父と母に縁のある場所へ。
四半世紀前の、昔の家や街がそのままとは思わないけれど、
幼少の頃から
「いつか連れて行ってやるからな」
と言われていた場所に家族揃って行ける事は、
なんか感慨深いです。
行ってきます!





2008_7/15
TSUKASAさん宅訪問、噂の里山巡り、レコーディング。

今日は制作中の曲に、生パーカッションを入れようということで、
楽器を取りにTSUKASAさんのご自宅へ。
もし早くこれるようだったら、
バードウォッチングもできる里山を案内しますよ、
と仰って下さったので、迷わず早起きして向かう。
前に1度だけお伺いしているのですが、
夜中に、しかも3m先が見えない濃霧が立ち込める中、
1人で運転して行ったので、里山を満喫どころじゃなかったのです。
男の子だったら誰もが憧れそうな、
ロボットのコクピットのような作業場を見せて頂き、裏の里山へ。
制作で息が詰まったらipodを片手に散歩に出かけると、
前々からお聞きしてましたが、
確かにこの環境なら最高の息抜きが出来るな〜。
自然の力をこんなに間近に感じる事が出来るのは最高の贅沢ですね。
その後スタジオにて、パーカッションの音録り。
やはり生音を録る、というのは難しいです。
その場で感じる事の出来る臨場感を、
もう少し引き出せるように録れればもっと良くなったはずなのに。
く〜、レコーディングエンジニア下手くそですみません。。。
もっと勉強しておかなきゃいけません。
とはいえ、1日中楽しみながら、制作する時間は集中して、
だからこそ、かなり曲もパワーアップ出来たと確信。
充実した制作日、ありがとうございました!
photo080715_2

photo080715_1





2008_7/14
サードオピニオン。

今後もスポーツがやりたいという望みをかけ、
先日セカンドオピニオンを聞きに他の病院に行って、
その先生に紹介された関東労災病院へ。
前回の手術は、膝の下側にボルトを残すという、
膝の再建手術では、主流ではない術式だったらしく、
そのため2度目の再建手術が、困難になっているらしいのです。
紹介先の病院では年間400件の再建手術をしてるから、
おそらく同じようなケースがあるかもしれないという紹介を受け、
ダメもとで行ってみました。

MRI画像診断をして、触診。
そして問診。

先生「さて、いつ手術しますか?」
僕「………は?」
先生「今から予約入れれば8月にはできますね。」
僕「えっと、、手術出来るんですか? 前の先生には出来ないと言われたんですが...」
先生「あぁ、前の医者の事は忘れて下さい。」

なんともびっくり、病院によってこんなにも違うもんですか??
まさかこんなにあっさり可能と言われるとは。。。
当然普通の手術よりも、時間がかかるし大変らしいですが、
今までに無い症例という事では無いらしい。
嬉しい誤算とはまさにこの事。
病院3件も巡ってみるものです。
出来ることなら早く手術したいものですが、
時間と財布との相談だな〜〜。





2008_7/12
チケット紛争。

先日から新曲の制作していたらすっかり朝。
そして本日12月に来日するsting東京公演の、
チケット一般発売日!
すでに某チケットサイト2カ所で、
プレリザーブに予約するも2連敗中。。。
師匠周りの人たちも全敗中という、入手困難具合。
つまり、本日10時からの一般販売が、
最後のチャンスなのです。
...朝10時、開戦!!
既に数分前から電話が全く繋がらない!
4人で電話かけまくるもののまったく繋がらない!
15分経過。
未だ1人も繋がらない。
30分経過。
だんだん諦めモード。

45分経過。
いや、「よく頑張ったよ」と、
負け続けたお互いを擁護するような発言が出始める。。

55分経過。 なんとこの時点で、他の場所から電話をかけ続けた
郁子ちゃんから2枚ゲットの情報が!
そしてそれに続くようにようやく僕の電話が繋がった!!
慎重に電話が切れないように、予約情報をプッシュ。
...A席2枚ゲット!!!
その5分後に繋がった他の電話で全ての席完売を知る。
ふ〜、ギリギリで4枚をゲットでした。
3日間ある公演が1時間でsold out。
stingの人気を改めて知りましたね〜。

夕方には家族に誕生日を祝ってもらいました。
久しぶりに家族4人でお酒を飲みに居酒屋へ。
いつもは誰かが運転手で飲めないのですが、
今日は徒歩なので、誰に気を使う事も無く、
おいしいお酒を頂きました。
25歳にもなって、家族にもしっかりとお祝いしてもらい、
ほんとに恵まれた人間です自分。
あーざっす、感謝!!





2008_7/11
milly la foretらしい曲。

同時進行で曲作りをしている最近ですが、
美織さん作曲の新曲が大分出来上がってきました。
この曲、一見派手さは無いけれど、
めっちゃmilly la foretらしさのある曲!
じんわり、やんわり、噛み砕いていくと、
胸の内に広がっていく、まさに薬草のような曲です。
僕はいつも、歌詞を考える時に結構苦労して、
絞り出すように作っていくのですが、
曲に導かれるように歌詞が出来上がっていく。
歌詞を考えながらの自分のパートの仮歌も、
驚く程すんなりと出来ていく。
この曲、早くいろんな人に聴いてもらいたいですね〜。
きっと多くの人の胸の内に染み入っていくはずだから。





2008_7/8
誕生日。

まずは、たくさんのお祝いありがとうございます!
(何故か1日遅れが8割だったけどw)
本日milly la foretの制作日。
しかも、今日はTSUKASAさんが、
前回の風樹のドラムパターンのアレンジを持って来て下さると連絡が!
そして、もう1人同じ誕生日だというRioちゃんの友人と一緒に、
スタジオで一緒にお祝いをみんなでしてくれると〜。
いや〜、ほんと制作やらせてもらって、
お祝いも一緒にしてもらって、僕ぁ幸せ者です。
しかも昼頃から、美織さんがご馳走の準備を始めて下さり、
ケーキも手作り、それはそれは豪華絢爛な食卓。
写真も撮るのを忘れるほどテンション上がってました。
ありがとうございます〜。
今年の抱負、というか目標はmilly la foretのCDの完成!
人生懸けた作品として、必ず納得いくものを創ります!

TSUKASAさんの提案して下さったドラムパターンは、
すごい変えてしまったと仰ってましたが、
むしろこっちの方がしっくり来る感じでした。
そのリズムの重さと、もともと曲の持つ浮遊感がうまく融合すれば、
僕も想像つかなかったもう1つ上のステップに上がれそう!
その為に、さらに詳しく曲のイメージや、
millyでやりたいこと、その特徴を必死で伝える。
わっかりずらい僕の説明に、懸命に耳を傾けてくださいます。
美織さんやTSUKASAさんが、
こうやって一緒に制作をして下さる事、
多くの勉強をさせてもらえる事が、何よりの誕生日プレゼント!
今年も素敵な誕生日を迎えさせて頂きました!!





2008_7/7
studio LIFE「TAMAGOYAKI」観劇。

前評判から素晴らしい舞台とのことで、
楽しみにして恵比寿へ。
評判通り、楽しいし分かりやすいし、
これは確かに評判よくなるだろうな〜と思いました。
「新人育成公演」というだけあって、
今までに見た公演で、お見かけしない役者さんも多かったです。
新人の役者さんと、先輩役者さんの違いを1番感じた公演でした。
やっぱり先輩の役者の方々は、何かしら印象に残ります。
演劇素人目なので、何故かはうまく言えないけれど、
きっと表現の幅が太いんでしょうね。
演じている役に+αで、自分だからこそ!
といった表現が各々持っているように感じました。
フレッシュな顔ぶれの方々も、
そんな先輩の演技を見ながら、きっと成長していくんですね。
表現の幅は、人生の豊かさに通じていると思うんです。
どんな人に会い、どんな経験をしたのか、
何に感動し、何に心奪われたのか、
それらが、音楽をやる上でも僕の財産となっていると最近よく感じます。
道は違えど、同じ表現の世界。
自分も頑張ろう!そう思えた舞台でした。





2008_7/6
BBQ。

バスケチームの仲間と、河原でBBQしてきました。
仕事あったので、最後のほうから参加でしたが、
まさか着いた瞬間に、頭から水をかけられるとは思わなんだ。。。
後先考えない行為が素敵です、若さです w
遅れて到着した洗礼をを受けつつ、
意外と寒くて震えつつ、
100g1000円高級過ぎる肉を使ったバーベキューに、
スイカ割りに、花火と一足先に夏気分でした。
なんか久々に頭の中が完全off状態で(いつもか..)
楽しんできました〜。
企画してくれた人、買い出し行ってくれた人、
みんなに感謝感謝のBBQ満喫日でした。





2008_7/4
企画展「古代ムラの神・仏」→西沢サトシLive→制作。

まずは朝から、企画展「古代ムラの神・仏」を見に横浜市歴史博物館へ。
ずっと行ってみたいな〜と思っていたものの、
最近妙に忙しかったので、いつの間にか開催期間終了真近になってました。
神奈川県下で出土した土器などから、
神の祭りや仏の信仰の関係や各々を考えるというこの企画展。
土器に描かれた文字や絵は、筆跡や書いた人の癖がわかるくらいきれいな状態で、
自分の立っているこの地に、
何百年も前の人々が村を作り、生きていた事を想像させる程鮮明でした。
特殊な文字や、何らかの呪力を期待するような記号など、
そんな土器を見ていると、日本人の「モノに神が宿る」という考え方は、
古代からずっと生きて来た考え方だったんだと、改めて感じました。
それがいつの間に「新しい物こそがいい」という風潮に変わったのか?
モノが溢れて、豊かになってしまったから?
企画展の趣旨とは違うかもしれないけど、
そんな事をいろいろ考えてしまう時間でした。

その後いったんスタジオにお邪魔して、
新曲に付ける歌詞をちょいちょい考えつつ、
そのまま渋谷に。
西沢サトシさんのワンマンライブを見に行ってきました。
本人もおっしゃってましたが、今回のLiveでは、
映像を取り入れたり、詞の朗読があったりと、
いろんな試みが感じられました。
久しぶりに見に行った西沢サトシさんのライブでしたが、
すっかりベテランな貫禄が出て来ていて、
楽しませてもらいました〜。

帰って来て再び制作。
Rioちゃんとのコラボで、いろいろ考え話し合ったけど、
やはりこの話し合ったイメージを共有した上で、
作曲した本人の感性で歌詞のたたき台を作ってもらう事に。
さてさて、3人でどれくらいイメージを共有出来ているのか、
そういう所を作品として、出し合ったりする事が、
一緒にコラボ制作している時に楽しい所だったりします。