journal 2008
2008_6/24
レコーディング見学@bongomango

静治さんと美織さんが、<ウルルン2008サウンドトラック>『NOSTALGIA〜郷愁〜/手使海ユトロ』
のレコーディングに参加する事になられ、
その席で美織さんの料理を食べたいとのお話が持ち上がったとのこと。
そこで、お手伝い要員として、
僕も連れて行ってもらえるように、頼んで下さいました!
そんな場所を経験出来るだけで、すごい勉強です。。。
美織さんも、快諾してくださったスタジオの方々も、
ほんとにありがとうございます!

秋谷にあるリゾート的なスタジオbongomangoへ。
湘南や、この辺りにはよく来るのに、
こんなリゾート的なスタジオがあるとは知らなかった。
目の前に海が広がる空間。
一歩ベランダに出ただけで、肌に触れる空気が違う。
うーん、いいところだー。
湘南の素材を仕入れつつ、
ここのキッチンを借りて、夕飯の準備の手伝い。
やっぱり湘南辺りでの素材仕入れはテンション上がりますね。
海を見ながら、あっちに行ったりこっちに行ったり。。。
あれよあれよと、とりあえず無事仕事終了。

それにしても、手使海ユトロさんをはじめ、
みなさんベテランの方々揃いで、
すっかり僕は恐縮してしまい。。。
あんまり、話せなくなってました。
う〜、なさけない。
とはいえ、なかなか出来ない体験、
ひょっこり着いてきた僕にまでさりげない気遣いをしてくださり、
本当にありがとうございました。
このさりげない優しさが、カッコいい。。。
周辺の砂浜にて





2008_6/23
うどんパーティー。

daiholdでお世話になってる千恵さんが、
四国に行った時に習った、うどんを打って、
美織さんのお宅に遊びにいらっしゃるとのことで、
僕もお誘い頂きお邪魔しに行かせてもらいました〜。
そこにmilly la foretでこれからたくさんお世話になる予定wの
若江さんが加わり、即、宴会へ突入。
普通お酒の後の締めで登場するうどんですが、
おいしく食べるには、茹で上げて即たまごに絡めて。。。。
なんて話が出たら、食べずにいられない。
乾杯の前にうどん完食でしたw
さすがです!関東じゃ食べられないおいしさを頂きました!
ノンキー青空市1の時に美織さんにご紹介して頂き、
みなさんにお会いしてから、早くも5年。
時が経つのは早いのに...。
...精神年齢が変わらない人達ですw
終始ナビちゃんの毛をむしり続けた若江さん、
メジャーにハマってなんでも計ってる千恵さん、
ほんとーに楽しい、貴重な時間をありがとうございました〜。
お腹も心も満腹で、若江さんペースでワインにチャレンジしてたら、
最初に撃沈しました。。。





2008_6/22
雨の音、心の鏡。

梅雨入り当初は今年は空梅雨かと思っていたけれど、
ここのところしっかり梅雨らしい天気。
僕は雨が嫌いというほどではない。
正確には好きな時と、嫌いな時がある。
あのジメジメ感、外を歩きたくなくなる足下、
すべてが嫌になる時、
逆に地面を濡らす雨の音に妙に心を落ち着かせたり、
雨上がりの匂いを期待してしまったり。。。
何が違うのだろう?

ふと雨の降る街を眺めながら、いろんな事を考えていたら、
急にその答えが降りて来た。
あぁ、自分の心の状態だ、と。
不安定な時に雨が降ると、それだけで落ち着かない。
心が満ちている時の雨は、僕を落ち着かせてくれる。
自分自身で気づけない、精神の動きを映していたんだ。

今日は雨音が優しく聞こえた。。。





2008_6/21
ひ〜〜〜〜〜〜〜。

1年で1番日が長い日でした。
油断してたら、夜7時過ぎ。。。
1年も半分終了ですな〜。





2008_6/20
dai's diary vol.1発売。

一昨年フランスでもお世話になりました、
daiholdから、プロロッククライマー小山田大さんのDVDが今日発売!
その発売過程の端っこの方で、
微力ながら手伝いをさせてもらいました。
このDVD、変な言い方かもしれませんが、
小山田大というクライマーの生き様のように感じます。
だってすごい事ですよ!
「岩を登る」という、一見非常にシンプルに見える、
その姿に感動してしまうのですから!
いつの間にか見ている自分にも力が入ってたりして。
僕のHPのBBSに昔、小山田大さんの言葉を引用して、
励ましてくれた人がいました(以下BBS抜粋)

あるアスリートのマネージャーさんが、こんな話をしてくれました。
ワールドクラスの彼のところには、
「○○さんのようになりたいので‥」
と近寄ってくる若者が多いのだそうです。
そして、
「僕は、今まで、頑張っていろいろを手に入れてきました。
なので、その意気で○○○○○○も頑張ろうと思います。」
と、言うらしい。
彼は、こう応えるのだそうです。
「僕は全部諦めて、一つだけ、必死の思いで手に入れました。」
やみくもに射た矢より、的に向けてビシッと射た矢の方が、
強く、速く、カッコ良いよねぇ、やっぱり・・

まさに、言葉通りぶれていない。
その魅力が人を惹き付けるクライミングへと、
繋がっているように感じるDVDです!
photo080620





2008_6/16
コラボ with RIO

今日からmilly la foretとRIOちゃんとのコラボ曲の制作開始。
今までのライブでは、milly la foretのサポートをしてくれていた天才肌です。
美織さんの娘さんだから、そのセンスを継承しているかと思いきや、
しっかりと自分の独自のセンスを確立している。
だからこそ、その制作現場は非常におもしろい。
異なったセンスの持ち主同士が、
同じテーマを共有出来た時、コラボの醍醐味が発揮されますからね!
さすがに今回は意思の疎通が非常に円滑です。
僕も5年近くスタジオに通わせてもらっている事もあり、
同じ経験をしている3人だからこそ、制作がスムーズ。
しかし、その分制作過程での話し合いが非常に多い。
「この曲のテーマは?」
「今の音はこんな風に思った」
「このフレーズはテーマから外れるかな?」
などなど、、それはもうこと細かに。
このコラボ、どのように展開されていくのか?
どんな曲になっていくのか?
非常に楽しみです。





2008_6/13
白いはなびら。

お待たせしました!
この曲は去年から、多くの人を巻き込み、
紆余曲折を経て、ようやくこの形に落ち着いた、
milly la foretにとっても、ドラマのある感慨深い曲。
僕のワガママで、
和歌山までレコーディングにも行かせてもらいました。
その後、幾度となく再アレンジが繰り返され、
この曲に対するアイデアもいろいろ出し合い、
随分と変わってしまったり、
ディスコードして、せっかく演奏して頂いた音を、
使えないテイクにしてしまったり、
いろいろな事がありました。
それでも去年の2月、和歌山の、
リコーダーアンサンブルグループ「夢笛」
のみなさんとお約束した通り、
素敵な曲に仕上がっていると思います!!
この曲の世界に流れている、思想を感じてもらえたら嬉しいです。
musicから試聴してみて下さい!
photo080613





2008_6/9
eco。

何処かの道に生えていた、小さな花。
母が一輪拝借して、家の玄関先に植えていました。
それが、いつの間にか根を伸ばし、
たくさんの花を咲かせていました。
自然の持つ力は、本当にすごい。。。
そして、それほどの生命力を持っている自然を、
破壊し尽くしてきた人間の無知と欲も恐ろしい。

最近テレビをつけても、雑誌を読んでも、
eco、eco、eco、eco。。。。
省エネを意識したり、資源の無駄を無くす事も大事だけど、
無駄な破壊を止めて、
自然の持つ本来の力を助ける工夫をするだけで、
随分と世界が変わるんじゃないだろうか。
CO2が何千万トンとか、数字を並べるeco話よりも、
たった一輪の花を観察するほうが、
妙に納得できたり、行動に移そうと思えたりするもんです。
photo080609_1
↑ before

photo080609_2
↑ after





2008_6/6
魂の音。

ほんっとーに久しぶりに、音楽を聴いて泣いてしまった。

この曲があることは昔から知ってました。
でも、ここまでロックで、
こんなにも人の心を捕る曲だったとは。。。
何度聴いても、背中から首筋にかけて鳥肌が立つ。
訴えたい事がある、沸き起こる何かがある、、、
それこそがアーティストの持つ最大の魅力だと、
そう語る音楽でした。

絶対にいつかお会いしてみたいと思い、
調べたけれど、作者の上田現さんは、
今年のはじめにお亡くなりになられていました。
しかし魂の音は、その人が亡くなった後も、
輝き続け、広がり続け、人の心を奮わせ続ける。
いつかそんな音楽を奏でられるのだろうか...。
今はただ、この音楽に会えた事に感謝。。。





2008_6/2
日本vsオマーン。

膝の具合も大分よくなり、
ようやく階段をスムーズに歩けるようになった最近です。
とりあえず元気だせよ的に、
友人がサッカー日本代表戦に誘ってくれました。
いや〜、燃えた燃えた。
キックオフの2時間以上前から会場入り。
ビール片手に日産スタジアムで、代表戦の空気を満喫。
選手が練習を始めた頃から客席最高潮!
大歓声でした。

そんな中開会式での一幕。
本日、日本サッカー協会最高顧問であった、
長沼 健さんが逝去された事が告げられ黙祷を捧げました。
さっきまで大歓声の応援が静まり返り、
スタジアム内、4万6千人がしっかりと黙祷。
なんというか、この一幕にはえらく感動してしまいました。
そういう気持ちや、礼儀を持ってる人々と観戦できて良かった。

さてさて、試合はみなさんご存知の通り、
日本快勝!!
それはそれは盛り上がりました。
2時間前に会場入りした我々は、
中村俊輔選手が走り込むであろう位置が見やすい席をキープ。
目の前で3点目を叩き込む、右足のシュートを拝みましたw
いい試合観れたな〜。
誘ってくれた友人に感謝!!
この調子でぜひぜひ2010年ワールドカップ出場を!!!
photo080602_1

photo080602_2