journal 2008
2008_11/29
AUREOLEライブ@渋谷ギルティ

milly la foret、砂時計にてコラボして頂いた、
中村'jizo'敬治さんがサブメンバーとして所属するバンド、
AUREOLEを見に行く。
いや〜、ほんとに日本人?っていうセンスと、
ボーカルの歌声、曲の世界観。
まだメンバーも若そうに見えましたが、すごいな〜。
ステージの作り方、配置にもこだわり、映像にもこだわり、
今でも素敵だけど、もっともっとよくなりそう!
ドラム、ギター、ベース、ピアノ、チェロ、サンプリング音源(?)
見るからにバランスも難しそうだし、
人数が多いだけ、練習も大変そうだけど、
ぜひこの先も、バンドの将来も見てみたいと思わせるライブでした。
人に期待を持たせる、ということの難しさを知っているだけに、
AUREOLEの魅力を一層感じました。
その後、jizoさんとTSUKASAさんとRIOちゃんとmilly la foretと、
…近くで、飲みコース w
よく話し、よく笑い、よく飲んだー。
おいしいたのしい時間をありがとうございました〜。





2008_11/28
恒例?ズーラシア→制作。

半年に1度くらいの頻度で恒例になりつつある、
「ズーラシアに行ってから制作、日」
前回にズーラシアに行った時には、じっくり見すぎて、
3時間近くかかっていた反省を生かし、
今回は早足で、(我々の)ポイント高い動物の様子を見に行く。
観察日記を書きたいくらいだったけど、割愛して各々を一言で。
オラウータン→不在。
猿(全般)→落ち着き0。
トラ→1点病。
カンガル→超脱力セクシーポーズ。
しろくま→(病的)反復運動。
イノシシ→幸せを絵に描いたような寝顔。
ライオン→暇。
ウンピョウ→もはや野生では行きて行けない怠惰ぶり。
動物園、やっぱ飽きないわ〜。
癒されます、生きて行けます、こんな脱力でも。

その後は帰って砂時計のアレンジ最終段階。
キタ、コレ!
もはや前の砂時計が想像出来ないくらいの進化。
う、歌が、、、オケの進化に追いつかない。。
オケをじっくり聞き込んで、歌の構成練り直さないと!
音楽が、もっとよくなれる、
もっといい曲になれる、そう訴えて来る。。。。
081128_1

081128_2

081128_3





2008_11/23
人生を豊かにする遊び。

僕らの世代、「遊ぶ」というと、
食事に行ったり、飲み会行ったり、
遊園地行ったり、ショッピングしたり、
人が造った物の中に身を置きたがるというか、
なんというか、そういうのが多い気がするんですよねぇ。
それを否定するわけではないのですが、
それらが心身共に満たしてくれるか、というと、
僕の場合は必ずしもそうではない。
きっとmilly la foretで活動しているからかな?
超!自然派ですからね〜。
海が香ったり、風を感じたりする場所こそ、
もっとも楽しい場所なのです。
なので、狩りを提案してみました。
大自然の中で、新鮮な食に囲まれる幸せ!
しいたけ&みかん狩り。
これは意外にも、みんなテンション高く乗って来た!
というわけで、日帰り狩り&温泉ツアーを企画。
3連休中なので、見事に危険な渋滞にハマりましたが...、
狩ってきました!
狩りたてしいたけを、その場で炭火でバーベキュー!
これ、うまい!
めっちゃジューシーです!
みかんは20個以上をその場で試食し、
おいしい木を探して、その木の実をひたすら狩る。
袋を改造して大量に持って帰る。
そして僕は2日連続の箱根温泉へ。
寒くなってきましたから、温泉が染みますな〜。
何より、足の手術跡の傷口にホントに効果あるのですよ!
温泉の力、恐るべし。
他のみんなも満足したようでよかったよかった。
自然に触れると、みんな顔がほころぶんですね〜。
まったり、ゆる〜く、しっかりはしゃいで、
帰りはクタクタ。
今日はよく心も満たされる遊びをしたな〜。
081123_1

081123_2





2008_11/22
龍の背窯にて、芋煮会。

今年5月に初めて訪れた龍の背窯。
その時にお友達になれた、琵琶鉄焼きの陶芸家山本安朗さんが、
秋の紅葉を見ながらの芋煮会に誘って下さり、
うはうは状態で参加させて頂く事に。
まだ本格的な色付きでは無いけれど、
快晴の青空の下で、着々と色付いている山を見て、
素敵な手作りの和の空間「びあん」の囲炉裏を囲み、
琵琶鉄焼きのお皿や、ぐい飲みを使わせて頂きながら、
楽しい時間を過ごして来ました。
びっくりしたのは、
ギャラリーに並べてある、300以上はあろうかという琵琶鉄焼き、
その1つ1つ、作品の特徴を記憶している事!
手に取って見ていると、それは窯のどの辺りで焼いて〜、
その色の付き具合は〜、同じタイプの陶器だけど〜、
などなど、1つ1つ嬉しそうにお話して下さる。
お皿を洗い終わった後も、
優しい手つきで1枚1枚を拭いてました。
前に、連れて帰ってもらったお皿が、
どのように使われているのかを、見に行った事がある、
と仰ってましたが、納得。
すべての器に魂が宿っているように思えます!
その後お別れしてからは、箱根まで足を伸ばして、
日帰り温泉、帰りに二宮でおいしい創作アジア料理、
とっても濃い、充実した1日を満喫でした〜。
081122_3

081122_1

081122_2





2008_11/19
亀でもノロマでもトンマでも。

今回制作しているアルバム、
当初予定していたアルバム(と言ったら変だけど)よりも、
遥かに完成度が上がっている…。
もうこれは間違いなく上がってます。
milly la foretとしての、経験値なのかな?
どんどん良くなっていく。
そんなわけで、さらによくしようと、
2曲の追加(予定)を決定。
そのうちの1曲を、作曲からアレンジまでチャレンジしています。
只今身をもって体感していますが、
アレンジって、特殊な才能が必要だと思います...。
アイディアなかなか浮かばないし、
楽典を習った事が無く、
音を聞きながら探り探り、耳を頼りに作っているので、
時間ばっかりかかって、あんまり進まないし。
もともと集中力1時間が限度だし、
そしてせっかく作ったのを翌日冷静に聞いてみると、
気に入らないのでやりなおし。
そんな事も多々。。
最初の1歩って、どうしてこんなに大変で時間がかかるのでしょうねぇ。
どんな事でも同じですけどね。
途中で投げ出さない我慢強さが必要なんだろうな。
亀でもノロマでもトンマでも、
ゴールテープ切ること、走り抜く事が大事ですよね。





2008_11/14
je reste avec vous 試聴可能。

ふぅ〜、本日歌入れも終了、
編集も終えて、ようやくのupになりました。
新曲「je reste avec vous」
細かい説明はしません。
曲や詞や歌に詰め込んだつもり。
musicよりぜひ試聴してみて下さい!





2008_11/11
アルバムジャケットの相談、Wさん宅へ。

アルバム全体の感じがイメージ出来るくらいに、
いろいろと出来上がって来たので、
曲を持って、猫溺愛家のデザイナーWさん宅へ。
つい最近、生まれたての捨て猫を見つけてしまい、
放っておけず、連れ帰って来たというお宅には、
合計4匹の猫が、溺愛され、優雅に暮らしてました。
最近仲間入りした猫(寿ことコトさん)は、
まだまっすぐに走る事も出来ないくらい幼くて、
きゃ〜わい〜。。。
見てるだけでニヤニヤしちゃいます。
アルバムの構想、デザインの打ち合わせを3割、
猫との戯れ6割、その他1割といった具合の滞在。
あ、もちろん打ち合わせはビシッとね!
えぇ、メリハリです、時間じゃないです。
それにしても…きゃ〜わい〜。。。
でも、ネコの為に電気毛布やら暖房やらが計3台
(すべて猫の寝床に向けられている)
はどうなんでしょうか…w
そして、前回から薄々感づいていたんですけどね、
本日決定的でした。

ボク、ネコアレルギー。。

1匹くらいなら、大丈夫なんです。
しかし、4匹(と1人、Wさん)が大運動会を始めたら、、
イキグルシイ。
鼻水&呼吸器系にくるようです、やられました。
途中屋外逃亡計るくらいにやられました。
そんなこんな、結構大変な打ち合わせでしたが、
デザインに超期待!
ノンキープロジェクト、
「ノンキー組曲」のCDジャケットもWさんなのです。
Wさんのフランスの匂いがするデザイン、
きっとmilly la foretにぴったりです。
この曲達を聞いたり、milly la foretの構想を聞いて、
どんなデザインが生まれるのか、今からすごい楽しみ!
ここでもWさんとのコラボです!
乞うご期待!!
081111





2008_11/6
still you turn me on..ライブ@渋谷。

1年ぶりとなるstillのライブ!
millyでもコラボしてくださった、
TSUKASAさんや中村'jizo'敬治さんのバンドです。
3ピースバンドですが、とにかく機材が多い!!
3バンド分くらいの機材や荷物。
というわけで、搬入の手伝いをさせて頂くのと同時に、
リハから見せて頂いてしまいました。
そしてライブ前にはしっかりアルコール補給して、、w
重いブリティッシュサウンド全開!
そんなライブ、しかもstillは毎回新たな事に挑戦しています。
初めて見た時はコンテンポラリーダンスとのコラボをしていたし、
今回はMACを導入してのライブだったり、
TSUKASAさんがメインボーカルの新曲が出て来たり。
chinoちゃんのボーカルも、ホントにすごい。
返しがほとんどない、ライブバーでの難しい音のバランスの中でも、
まったく乱れないし。
stillの時のjizoさんのギター、いろんな工夫が随所に散りばめられていて、
聞いていてもカッコいいし、見ていてもカッコいい!
そして、そんなメンバーを刺激している、
TSUKASAさんの曲、確立したstillワールドにどっぷりつかってしまいました。
今回はライブバーでのライブでしたが、
来年はライブハウスでライブが見たいです!
あの重音は、やっぱり腹の底から揺さぶられるようなライブハウスで、
じっくりと体感したいですね〜。





2008_11/4
続々と。

前回マイスペースに曲を載っけてから、
結構時間がたってしまいました。
それもそのはず、結構な数の曲を同時進行でやっているから。
と、いうことは。。。
そう!完成する曲も続々と出て来るわけです! おそらく近々載せられる曲 je rest avec vous 。
この曲はコラボ曲ではないので、
生粋のmilly la foretワールドです。
そして、millyの2人の色も、
それぞれ強く出ているように感じる曲です。
僕の中では、まさしくハーブのような曲。
傷ついたり、疲れてしまったり、
いろんな事件が起きたとき、
身体中の、生きる力を呼び起こすような、
そんな曲として聞いてもらえたら、嬉しいです。
試聴までもう少しお待ち下さい、お楽しみに〜。