journal 2008
2008_10/30
再会。

2年前にライブを手伝って下さったロブと久々の再会でした。
最後に会ったのが2年前というのが、
なんだか信じられないくらい、存在感の強いロブ。
出会うなり、ハグで僕を迎えてくれました。
(しかも、「ハーイ!re:cover!!」って言ってた w)
そう、最後に会ったときには、
まだmilly la foretも誕生する前だったんですね〜。
日本に来たら、美織さんの料理を食べないと!
と、毎回アツく語り、必ずやってきます。
「人をおもてなしする」もmilly la foretのテーマの1つ。
人をもてなすには、かなりの気遣いやセンス、 それに労力が必要です。
でも、相手がそうまで言って来てくれる、
=こちらの気遣いや、センスを理解してくれている。
そう思うと、きっとおもてなしする方も嬉しいですよね。
小さいけど、それも素敵なgive & takeだと思います。
ご飯を食べて、ロブの買い物に付き合って、
ららぽーとに行って、IKEAに行って、
ロブは次のアポに絶対間に合わないだろう時間まで、
じっくり買い物してました。
(まだ全然足りない様子だった)
この辺が、ニュージーランドと日本の文化のずれですかね w
こっちの方が冷や汗かきながら、駅まで送りましたよ〜。

そんなニュージーランド在住のロブが、
来年から日本に引っ越してきます!!
また賑やかになりそう〜。





2008_10/28
困った事、2つ。

1つは、今さら的な感じですが、
曲の歌詞をもう1度考え直す必要が出て来てしまった事。
いやはや、何度もはい1から〜ってな事があるので、
大分慣れましたが、やはり結構キツい。
でも歌詞はかなり目につきやすい箇所なので、
分かりづらかったり、伝わらないと僕も悲しいので頑張ります。
2つ目の困った事は、
風邪、引いた。。。
今年は喉から来ましたね。
痛いな〜って思ってたら、あっという間に立派な風邪引きに。
気怠さ、鼻水、せき、
今年は全部入りのお得なバリューセットです。
とはいえ、休んでいられる状況にいないので、
騙し騙し、気合いで乗り切るしかありません。
皆さん、手洗いうがいをてっていしてくださいね〜。





2008_10/24
編集中。

前回録った録音をちょぉおおおお〜、細かい所まで編集中。
いやはや、正直美織さんのこの細かい所までの編集には、
僕も根をあげたくなります。
とくにこのBon Appetitという曲。
かなり細かいです。
おそらく高性能なスピーカーで聞けば聞く程、
その細かさから、新たな発見がいくつも出来るであろう細かさです。
ここ最近、すっかりこの曲の編集に費やしているのですが、
未だに終わりそうな気配がありません。。(汗
アレンジもまだ少しやりたい事が残っているというのもありますが。。。
その分、いろいろな勉強になりますが、
うぬ〜、全神経を耳に集中しないと聞き取れないレベルの編集になると、
疲れる、、そして気を抜くと眠気に負ける。
結構、壮絶なスタジオ内となっております。





2008_10/18
コラボ合宿2日目。

朝はふらりと起きて、コーヒーを入れて、
昨日録音した曲を聞きながら、みんなの起床待ち。
適当な時間に起きたメンバーで、近所の朝(昼)のパン屋へ。
とりあえず、ここでも大いにはしゃぎつつ、
パンを買い過ぎ、戻って昨日の続きです。
いや〜、今日はいい歌、
というか、何よりいい素材が録音できましたわ〜。
これは、とびびと青木さんじゃなきゃ出来ない音源!
コラボやね、こちらぜひぜひお楽しみに。
録音現場にいた僕と美織さんは爆笑をこらえるのに必死でした。
その後、レコーディングエンジニアを交代し、
美織さんのリードで、とびびの歌録り。
なんといいますか、とにかく反応し合うわけです。
Aのイメージと伝えれば、Aのイメージに「自分らしさ」をつけて返す。
そんな息がぴったりのレコーディングでした。
とびびいわく、「イメージの共有を出来るか?」
これが大事じゃない?と。
なるほど、そういえばフランスでもそんな話で盛り上がったなぁ。
実際にこう目の前でそれを見ると、
まだまだ、自分は青いな〜、、、。
そんな事を思いつつ、しっかり勉強もさせてもらった、
コラボ合宿でした。





2008_10/17
コラボ合宿1日目。

今日からmilly la foretと、イル★こと青木さんと、
とびびこと石飛幸治さんとのコラボのためスタジオにて合宿。
スタジオ着く前から、近所の古着屋を覗いたり、
制作中に入れて飲むであろうコーヒー豆を選びに行ったり。。。
気心知れた仲とはまさにこの事で、
集合するなり、かなりのリラックスムードで、
スタジオに入りさっそく作業に取りかかります。
不思議なもので、誰がどう言うわけでも無く、
自ずと役割が出来ている、阿繧の呼吸。
レコーディングエンジニアをやる人、
新曲の歌詞を考える人、
歌入れする人、
本日のみんなの食事を作る人。。。
とくにこのメンバーでコラボしている曲は、
アルバム内で、もっとも楽しい曲なので、
こんな楽しい空気をそのままに詰め込みつつ、
milly la foertらしさの漂う、
そんなお洒落で、楽しくなる曲に仕上がればと思っています。
と、まぁそんな事をしていると、
楽しすぎるわけで、夜な夜な晩餐が始まるわけで、
みんな眠りについたのが、日が登ってから。
...大丈夫なのか!? w
果たして2日目はどうなることやら〜。





2008_10/12
横浜ワールドフードフェスティバル。

来年開港150周年を迎える横浜は、
今や何かと記念イベントが目白押し。
その中の1つ、横浜ワールドフードフェスティバルへ。
その名の通り、山下公園の一画で世界の料理を味わえます。
ぱっと思いつくような世界の料理は全てあったんじゃないかな?
カレーやプルコギ、ケバブにフランクフルト、日本のいか飯まで!
ドイツビールや、フランスのワインもありましたね〜。
というわけで、そんなフェスティバルに行ったらフル稼働。
食べる!食べる!!食べる!!!
行列に並んでは、世界の料理を平らげて行きます。
しかし、6カ国辺りでもうウゴケマセン。。。
食べ過ぎで胃に結構なダメージを負う。
今回の僕的フードチャンピオンはトルコ料理のケバブ!
惜しみなく肉が入っていて、
ガーリック風味のマヨネーズソースがうまい!
イギリスで食べたケバブに随分近かったです。
しかし、このケバブの量に大分ダメージをくらいました。
一緒に行った友人と共にお腹を抑えながらの帰路。
う”〜苦しい、おいしかったからいいけど。。。
081012





2008_10/10
25年前の録音、財産。

約25年前の美織さんが作曲された物を、
倉庫から取り出してみました。
25年前ですから、当然アナログです。
チャンネル数も4チャンネル。
重ねて録るために、間違い無しの一発録りで、
それをまた1つのトラックに録音しなおして、
録音する音を増やして、、、
うへぇ〜〜〜想像しただけで恐ろしい手間です。
デジタル世代で育った僕にはなんだか想像出来ない。
さらに今やipodで何千曲が手のひらサイズなのに、
1本のテープでせいぜい5曲分くらいですよ!?
時代は恐ろしい程の早さで進化してるわ〜。
とはいえ、そのアナログで得た知識をデジタルに応用して、
あの複雑怪奇なスタジオのシステム組んでるから、
(スタジオのシステムはかなり高度な知識と
応用力が必要で、実際僕も50%も理解出来てない 汗)
積み重ねって大事なのね。
流れて来る音楽は、25年前とは思えないお洒落ポップ。
今聞いても新しい、斬新と感じる曲がありました。
僕の考える名曲とは、いつの時代でも新しく聞こえる曲。
25年前にこの曲作ってたのは驚きだわ〜。
2年前のライブで歌っていた『蒼の子守歌』って曲も、
この当時の曲のリメイクだったのです。。。
すべては積み重ね。。。
そしてそれが財産になっていくんだなぁ。
081010





2008_10/7
制作&誕生日会。

milly la foretでコラボしてます、rioちゃんの誕生日。
誕生日ってのは〜、何人でも何回でも、
祝われると嬉しいものです。
なので、祝う!
皆でケーキを買いに行き、料理し、
貰っても意外と困るようなものを誕生日プレゼントにして。。。
僕は当然のように人の誕生会に居座ってました w
何はともあれ、おめでとうございます〜。





2008_10/4
radioheadジャパンツアー@さいたまスーパーアリーナ。

随分前から楽しみだったradioheadジャパンツアー。
開場直後に入場するくらい気合い入れて臨みます。。
しかし、、、誤算だったのは、
アリーナでのオールスタンディング。。。
それすなわち、、、戦場です。
radioheadが登場した瞬間に、後ろから押し寄せる人の津波。
しかも開演直後に入場し、前の方に陣取っていたため、
ものすごい圧力。
人に乗られ、蹴られ、押し流され。
膝の手術後間もなく、
保護用のサポーターをつけての外出が必須の僕は、
(右写真参照→)
本気で身の危険を感じ、
やっとの事で後ろの方へと逃げました。
そんなわけで、ほぼステージが見えませんでした(泣)
悔しいのでステージじゃなくて、膝の写真載っけます。。。?
しかし!視覚に頼れないならば、耳に頼る!
存分に体感してやろうと、全神経集中で堪能。
メンバー全員がクリエイター!
まさにそう感じさせるライブ!
次から次へと溢れる音のうねりに、終始酔いっ放し。
唯一無二。
それほどまでに圧巻でした。
くぅ〜、ステージが全然見えなかったのがめっちゃ悔やまれます。
でも健康第一、もう同じ場所を怪我出来ないし、しゃ〜ないか〜。
来年も来日しないかな〜。
081004