Je reste avec vous
Journal 2009

2009 9/30夜中に集合そして。。。

平日の21時過ぎに集合、向かった場所は。。。
青山のとあるライブハウス。
お話を聞きつつ、小屋の雰囲気を体感しようと、
ライブ終了後のライブハウスへ。
いい意味で青山らしさを裏切りつつ、
それでいてギラギラしていない。
街全体が持っている、お洒落感はそのままに、
町中とは少しかけ離れた異世界へ迷い込んだような、
そんな素敵な場所でした。
何より、スタッフの方と気が合いそうだと、
ビリビリっと直感しました。
多くを語らずとも、意思疎通出来そうな、そんな感じ。
次回ライブの第1候補はここだな〜。
この舞台に立てたら素敵だろうな〜。
まだ決まっていないけれど、そろそろ決まりそうです、
次回ライブお楽しみに!

2009 9/25スター、ゲット中?

さてさて、milly la foretですが、
ライブに向けての準備から、新曲作りまで、
毎度忙しく動いてます(汗
そんな中、美織さんがスター取りました。
あれです、無敵になる奴です。
クリボーもノコノコも寄せ付けない凄いアイテムです。
いや〜、思うように身動き出来てない自分を置き去りに、
すんごい!いい曲が出来上がってきてます。
僕の印象では少し悲しけれど、異常なほどの中毒性を持った楽曲。
この曲を作りつつ、次回アルバムへのテーマも決まったりして、
また一気に加速して動き始めました。
よくよく冷静に聞いてみると、曲のレベル上がりすぎてて、
演奏&歌&表現しきれるのかすんごい心配。。。
また猛練習が必要だなぁ。

2009 9/21人が集まるということ

本日バスケの試合でした。
結果的には勝って、次のリーグへの切符を手に入れたのですが。。。
それより何より、チームをまとめるって事は難しいですね〜。
人が集まれば、その分意見も多くなるわけで、
僕なんかは、みんなで集まってバスケ出来るだけで楽しいのですが、
やはり「試合」となると、勝ちにこだわりたい人も出て来きます。
だけど、みんなが試合に出たい。
その辺り、まとめようにもなかなか食い違う。。。
1人1人が、「自分自分」ではなくて、
バスケ出来る環境や、仲間に感謝できれば、
自ずといい方向へ向かって行くはずなのにな〜と思ったり。
何事も、まわり人や環境への「感謝」を忘れてはいけないなぁ。
「当たり前」の事なんてあるわけがないのだから。

と、そんな事を考えている時にふとノンキープロジェクトを思い出す。
プロもアマも参加して、沢山の人がいて、
相当な年月をかけて作成したノンキー組曲
本当に偉大な事を成し遂げていたんだなぁと、改めて尊敬。。。
久しぶりにゆっくりノンキーの世界に浸かってリフレッシュ。

2009 9/19jizoさんLive

milly la foret 001 Live でもギターで参加して下さいました、
中村"jizo"敬治さんの参加するHOTKUMAのライブに。。
millyのライブでもちょいと紹介させてもらった、
都会の真ん中で、いきなり秘境に迷い込んだか!?と、
錯覚を起こすような場所、picnicでのライブ。
やっぱり会場とか、周りの雰囲気も大事だな〜。
ライブって、会場に行くまでのワクワク感や、
帰り道の余韻、そんなものも含まれていると思うんですよね。
我々もそこらへんの演出も含めたライブをやりたいと思っています。
この場所でのHOTKUMAのライブは何度も見ていますが、
どんどん会場に溶け込んでいってる感じ。
お客さんとの一体感や、お店との一体感。
なんだかホームって感じがするライブでした。
jizoさんにも、ライブでのお礼を言えたし、
というか、たっぷり話し込んでしまってスミマセン。。。
2部だけしか見れなかったけど、楽しませて貰いました。
急激に都会へとスリップしていく帰り道、
このギャップがまた、最後までライブを演出している気がします。

2009 9/16会場探し

001 Liveを終えてまだ間もないですが、
次なるライブ会場探しが始まっています。
millyの色に合っていて、millyの特徴を出せる場所で、
どんな編成で、どんなメンバーで。。。
いろいろとキリがないくらい考えてます。
ライブの組み立て等、随分前から考えてライブに臨むので、
その土台でもある会場探しはとても大事。
本日は美織さんと、
目を付けていたライブ会場いくつか下見するために下北沢へ。
いや〜、なんか懐かしい〜。
ここへよく来ていた頃は学生だったからな〜。
そういえば、ノンキー青空市3も下北でしたね。
懐かしー。
(↑既に目的を忘れている)

ライブを見に来てくれる人が、
駅からどんな道を通って来てくれるのか、
どんな雰囲気を感じながら会場に辿り着くのか、
そういうのも肌で感じたいんですよね。
会場を下見させてもらったり、機材を見せてもらったり、
ご飯食べたり(?)
いろいろ面白そうな場所に目をつけつつ、
ライブ会場探しはもう少し続きそうです。

2009 9/14ネコかる

夜に予定があったので、見れても前半だけ。。。
でも、milly ライブのお礼がどうしても言いたかったので、
吉祥寺の曼荼羅2へ。
うーん、前半だけとはいえたっぷり堪能させてもらったなぁ〜。
なんで4人だけで、あんなに音が膨らむのだろう???
人のパワーであり、音楽の力であり、
超一流の技が為せる事ですね、鳥肌立ちました。。。
前半終わりまで見れないかな〜、と思ったけど、
ギリギリ、お礼も言えてよかった〜。
後半に迎えるゲストの方も見たかったけど、
残念ながら時間切れ、後ろ髪引かれながら吉祥寺を後にする。
く〜、無念です。

2009 9/8療養

ライブ後もいろいろ忙しく立て込んでいたので、
すっかりお休みどころではなかった我々。
本日は思い切って「療養時間」と割り切り箱根の温泉へ!
い、癒された〜。。。
今までに行った事の無い場所の、
日帰り温泉に飛び込んでみたのですが、
これが大当たり。
変にギラギラとした飾り気のない、
質素な感じで、建物も大分古くなっているようだけれど、
細部まで気配りの行き届いているような、
そんな場所だったので、思いのほかゆるりとできました。
お昼ご飯には、湘南で一番気に入っているレストランへ。
センスのかたまり、といった料理を頂き、
身も心もお腹も満足満腹。
温泉に入った後って、なんであんなに疲れが吹き出るのでしょう?
帰って早々、深ーい谷底に意識が沈んでいきました。

2009 9/5レコーディング

レコーディングのお仕事のアシスタントをさせてもらいつつ、
いろいろと学ばせてもらう機会も多いのですが、
本日から2日間に渡り、アシスタントさせて頂きます。。。
milly la foret のレコーディングとはまた違う緊張感で、
脳みその、普段とは違った部分が動いている感じです。
慣れないスポーツやった後に、変な所が筋肉痛になるみたいな。
milly la foret 時間を贅沢すぎる程使ってやらしてもらっていますが、
仕事では、時間内にしっかりとした成果を求められます。
ノロノロな自分は、「時間内」という苦手分野で、
空回りしておりました。。。
しかしレコーディングは思っている以上に順調!
(すべて師匠様様です)
かなりいい出来じゃないでしょうか〜?
今後が楽しみです。

2009 9/4通夜

高校から遊び続けている仲間の父が亡くなったと、突然の訃報。
普段から多忙な昔の部活仲間も、揃ってお通夜へ。
我々を見て驚いていたけど(周りには知らせてなかったらしい)
思っていたよりも元気そうで安心しました。
少し気まずそうな顔をしながら、
「ありがとう」と言った喪服姿の友人は、
やはり寂しげだったけど、ほっとしているように見て取れました。
我々が行って何かが変わるわけでもないけれど、
少しでも友人の気持ちが軽くなったならそれでいい。
そう思う夜でした。
どんなときも不幸は突然で、
受け入れるには時間がかかる。
楽しい時は一瞬に過ぎてしまうのに。
でもだからこそ、毎日を楽しく、
辛い事があっても精一杯生きようとするんでしょうね。

2009 9/1打ち上げ第2弾

本日はTSUKASAさんがスタジオへ、
ライブで我々がお借りした機材を、わざわざ取りに来て下さいました。
しかも千葉の地ビールと、自家栽培の野菜をおみやげに!
という事は…?当然…?
打ち上げコースです!
この地ビールが五臓六腑に染み渡る〜。
絶対にそこらのスーパーに売ってない、取れ立ての新鮮な野菜に、
これまたライブの時に頂いた世界のお塩シリーズを、
(↑これもめちゃめちゃ美味〜!)
パラパラと控えめに振って、生で頂きます!
新鮮さ抜群、口の中で噛む程はじける食感。
野菜の潜在能力を引き出す塩味…、至福。。。

改めて今回のライブの話や、ライブ準備の話で盛り上がりました。
001Liveでは、milly la foret は中心として(当然だけど)
ライブを仕切らせてもらっていたので、
いろんな方の、様々な目線からの感想が本当にありがたいです。
特に今回は、milly la foret お互いに心身共に限界を見たので、
いいところも、悪い所も、今までに無いくらい素直に受け止められます。
これ以上は無理、、って所まで出し尽くしていたからでしょうね。
どんな時でも、どんな形でも、良くても、悪くても、
人々の反応は、我々を育ててくれる1番の栄養です。

top

music

comments

CD

travel

link

log

copyright shunsuke arai all right reserved