Je reste avec vous
Journal 2010

2010 6/28 狩猟本能

朝から素敵な2日酔い。
目の前ぐるぐる、どうやら三半規管崩壊。
朝風呂へ行くも、危なく溺れるところでした。
と、いうかお風呂に入っていた記憶があまり無い。。。
その後みんなで潮干狩りへ。
しかし、ワタシここでまさかの完全復活。
狩猟本能でしょうか?
それとも「遊び」には全身全霊をかけて本気を出す事を、
身体が記憶していたからでしょうか?
わずか1時間ちょっとでしたが、大きめあさりが豊漁。
しかし、我らが師匠は海女さんレベルの豊漁でした。
まだまだ弟子は師匠に敵わないようです。。。
その後、斉藤ネコさんのお宅へお邪魔させて頂きました。
採ったあさりをさっそく酒蒸し。。
うぅんめぇっす!
大皿山盛りの酒蒸し、即完売。
最後までとっても貴重な経験&楽しい宴!
誘って頂き、ありがとうございました!
次回までに、もう少し肝臓鍛えておきます。

2010 6/27 宴→沈没

恒例のマホロバマインズでの宴。
誘って頂きとっても光栄ながら、
大変緊張する顔ぶれでした。
勝手に僕が緊張してるだけですが。。。。
温泉につかり疲れを吐き出したところで、
三浦海岸のお鮨屋さんへ。
人生でベスト3に入るくらい、日本酒飲みました。
しかも尋常ならざるペースで飲みました。
緊張してると書いた前述に信憑性が無くなりますが、、、
おいしい料理に、面白い話、
酒が進まぬ理由が無い!
100627
はい、徐々に記憶が薄れて行きました。
ふらふらしながら、ホテルへ。
部屋でイングランド×ドイツのサッカーを皆で観戦。
が、決定的誤審のシーンでは意識飛んでました。
その後一瞬復活を果たすも束の間、
沈没。。。。

2010 6/24 W杯を楽しむ日々

4年に1度「にわか」でもサッカーを熱く見れる時期です。
連日深夜まで、各国の試合を熱く見てます。
おかげでかなり寝不足。。
グループリーグではかなりの波乱続き!
これがW杯なんですね〜、
世界的に見れば、日本がこの成績でグループリーグ突破ということも、
十分波乱だったと言えるでしょう!
今回のワールドカップ、結束たるや何か?が、
かなり露呈していますね。
沢山のスター選手を抱えようとも、
チームスポーツでは、何より結束が大事。
やっぱり「繋がり」ってかなり重要なんですねぇ。
内部分裂するチーム、より結束が固くなるチーム、
お国柄もあるでしょうが、日本が結束が固くなるほうで良かった。
そしてその結果がついてきた事も!
W杯終わるまで、しばらく寝不足続きになるでしょうが、
そこは4年に1度のお祭り、たっぷり楽しみます。

2010 6/18 シリコンの魚

久々に、、、本当に久々に my space のコンテンツをアップしました。
前回の白道ライブにて初披露された「シリコンの魚」
実はあれ以来「また聞きたい」という意見を沢山頂きまして、
満を持してのアップロード!
白道ライブで、美織魚、とびび魚、俊輔魚の3匹が登場して、
泳いでいたあの曲です。
ベースで参加してくれたニュージーランドのkeithにも注目。
素敵な声で語られる英語もkeithです。
帰国してしまう前日、いなくなってしまうのは寂しいよ、
と(つたない英語で)伝えたところ、
「俊輔には美織さんを始め本当に素敵な人達に囲まれている、
何も心配しなくていい、頑張って魅力的な人になりなさい」
と、言ってくれた(たぶん)事が、今でも心に残っています。
そんなkeithがもしかしたらまた日本に、、、?
そのためには、かなりの難関をクリアしないといけないのだけど。。。
何はともあれぜひ聞いてみて下さい。
試聴はこちらから!

2010 6/11 山本安朗展

山本安朗展

琵琶鉄焼きの陶芸家山本さんにお会いしたのが、
かれこれもう2年も前
今回鎌倉のギャラリーにて個展をされているとの事で、
お邪魔しに行きました。
2年作品を見ていないだけで、
ここまで進化するものなのかと思う個展、
炎の力をそのまま写し込んだかのような力強さ、
持った時に、信じられないくらいスッと手のひらに馴染む暖かさ。
前にお伺いした時よりも、さらに深く感じる作品達でした。
どんな時も進化を止めない姿勢、
それが作品を見て伝わってくる。
作り手として、とても教わる事が多い個展でした。

2010 6/7 高尾山

高尾山1

高尾山2

まだまだライブの疲れが残っていたものの、
友人に誘われるがままに高尾山へ。
来たからには、、と1番キツくて長いコースへ。
ここの傾き何度?ってくらいの坂道に遭遇したりしつつ、
ハイペースで上ります。
肉体の疲れとは裏腹に、どんどん元気になるから不思議。
なるほど、これがパワースポットと呼ばれる場所なのか〜。
近年パワースポットの有名所になった高尾山。
平日にも関わらず、結構な人!
これは休日は大行列になるんじゃなかろうか?
今回選択したコースには、コンクリの道あり、
土肌丸出しの道ありと、いろんな道を歩きましたが、
やっぱり土の道がいいですね〜。
そこら中に太い木の根が張り巡らされていて、
その力強さを、体感しながら森林浴できる道でした。
片道約90分。
程よい散歩…にしてはやや足腰が泣いていますが、
体力とは別のものを満たしてくれる、
不思議な場所でした。
家でだらだら〜っと、休日を過ごすより、
外に出て、適度に体を動かす方が、
精神と身体を効率良く回復させられるような気がします。

2010 6/5 ノンキー青空市4

ノンキー青空市を語る前に、、、
最近この世界を見ていると、
人との繋がりが「薄く広く」なっていっているように感じます。
SNSの発展や、インターネットの間違った使い方がそれに拍車をかけ、
すぐに切れる関係や、匿名というのは、
一時の安心と引き換えに、深い孤独を連れて来ます。
そんな流れに真っ向から逆らい、
人との繋がりを、深い愛情を原動力にしたのが、ノンキー青空市。
きっとあの場所に来てくださった方すべてが、
その力を感じて、そして力を得られたのではないでしょうか。
4回も続いて、回数を重ねる度に人が増えていっているのが、
何よりの証拠!
異世界でありながら、どこか懐かしい、
すべての人が望み、少しずつでも力を差し出せば、
誰でも共有できる、平等でありながら崇高な世界。
今思い出しても、本当に素敵な時間でした。
当日は雑務に追われておりまして、
皆さんとお話する時間がなかなか作れなかったのが、
唯一の心残りではありますが、、、
次回!青空市5までのお楽しみ!ってことで。
あ、それまでには milly のライブもあるし!
楽しかったな〜、本当に!
沢山の人に囲まれて、沢山笑って、沢山感動して、
沢山体を動かして、沢山共有して、沢山感謝して。
素敵な1日を、本当にありがとうございました!

2010 6/4 前日

防音室内では最終リハを分単位でこなしている美織さん、
防音室外では機材搬入、当日の流れ、
すべてのチェック、雑用一式荒井さん。
そして、ジムに泊まる前乗りメンバーが続々と集まって来ます。
……まさに…、「カオス」
持ち込む機材や楽器、イスにテーブルなどで足の踏み場も無い状態に。
うへ〜、前回の青空市もこんな大変だったっけか!?
さらに機材搬入の時間になると、雷が鳴り始め雷雨に!
さすが、、、青空市。
毎度嵐を呼ぶのは誰でしょう?
みんなでずぶ濡れになりながら、
営業が終わったジムに機材を運び入れます。
ほんとにみんなの気持ちで成り立ってると、しみじみ感動。
搬入が終わったのが2:00!
明日は本番、早く眠って備えるか、、、、
と、思いきや、
ジムの方々からお酒&おつまみの差し入れを頂き、
始まる深夜スタートの大宴会。
結局朝4時過ぎまで飲んでました w
普段とは違う空間で、
まったり飲むお酒は格別で、
その光景は、フランス生活をしていたときの、
毎日繰り広げられたジトでの酒盛りを思い出しました。
青空市本番が始まる前から楽しい〜。
程よく周りが明るくなった時点でようやく仮眠。
足りない体力は、テンションでまかないます!

top

music

comments

CD

travel

link

log

copyright shunsuke arai all right reserved