Je reste avec vous
Journal 2010

2010 3/30 レコーディングアシスタント

アシスタント作業の1つで、譜面からオケ作り。
そういえば譜面からオケを作った事はなかったので、
ものすごい新鮮な作業でした。
聞くだけでは気づけなかった「秘密」みたいなものを、
目の前で見せてもらっている感じです。
超有名なミュージシャンの曲だったのでなおさら。
新鮮かつ、斬新だと今でも思います。
この作業、時間はかかりますが、かなりいい勉強になるなぁ。

2010 3/26 命の洗濯

相変わらずドタバタしてましたが、
ここらで、一段落。
ありがたい事に、後にもいろいろ控えてまして、
まだまだ油断出来ない日々が続きます。
そんなわけで、
頑張る時の為に、頑張らない日。
空と風を、身体に取り込む日。
毎日使っている、この命を洗濯する日。

2010 3/20 バリスタ

某有名イタリアンチェーン店にて。
これ、凄くないですか!?
偶然の産物ですが、一気にテンション上がり、
大いに周りに引かれました。
いや、これはテンションあがるでしょ。。。?

2010 3/19 Studio Life「トーマの心臓」観劇

と、そんなわけで「訪問者」を見て、楽しみにしていた今作品
それに今回は兄弟弟子イルこと青木さんが、ユーリ役。
最初にこの作品を見たのは、、、何年前だっけ?
とにかく、その時の帰り道、ユーリは絶対青木さんに合うなぁ。
と話しながら帰った記憶があります。
そんな期待を実現させてしまうから、凄いですよね。
「役」とは「概念」みたいなものは既に存在していて、
それを役者さんがどう捕えて行くのか、ということで、
その「役」に命が吹き込まれて行くように感じます。
(僕の勉強している)音楽は「概念」自体を、生み出してしまうので、
僕にとっては、この命を吹き込む役者さん達の姿が、
未知の領域で、本当に刺激的です。
同じ「役」なのに、人によって違う印象を持てる。
今までにも何人かの「ユーリ」を見る事が出来ました。
そんな中でも、僕は今回のユーリが1番好きだったな。
音楽で、同じ師についてるだけあって、
元々の価値観が、どこか似ているからかもしれませんが、
最後の詩の朗読、今までとは違うユーリの1面を、
それこそ、もう1枚奥の扉を開いたような、
そんなイメージを持ちました。
そして、実は意外なシーンが脳裏に焼き付いています。
エーリクとトーマの母がお別れするシーン。
ついつい、うるうるきてました。
最近涙腺緩んで来たんかなぁ、すんごい印象に残るシーンでした。
うーん、僕にはそんな経験ないんですけどねぇ(笑)
終演後は、とびびと青木さんと富士くんにご挨拶。。。
まぁ、訪問者の後も挨拶だけしたのですが、
白道ライブ以来の再会でした。
皆さんすんごい疲れが見えたけど、
相変わらず笑わせてくれるメンバーでした。
名古屋、仙台と続く公演ですが、最後までがんばってください!

2010 3/17 Studio Life「訪問者」観劇

「トーマの心臓」へ繋がるこの舞台。
このシリーズ、Studio Lifeの真骨頂と言った所でしょうか?
とても面白かったです!
マージナルでも感じたけれど、萩尾先生の原作に、
倉田さん脚本というのは、阿吽の呼吸すら感じます。
この世界観、好きなんですよね〜。
扉の向こうに、もう一枚違う扉があって、
さらにその奥にも違う扉があって、、、
表面だけ見て終わる事も出来るのだけど、
追求すればするほど、感動が増す世界。
何処までも深い海に沈んで行くと、
光がささない暗い世界になるけれど、
かすかに見える光が、愛しくて温かい、
その光に対しての感動は、海面で見る光より、
ずっと心を奮わせるもので、1度その感動を覚えると、
何度もそこに向かってしまう様な、中毒性のある世界。
その世界を表現する為の、演出に応える役者さん達も素敵です。
後日に見る予定の「トーマの心臓」が本当に楽しみ!

そういえば、萩尾先生ってジャン・コクトー原作の、
「恐るべき子どもたち」も、コミック化されていました。
最近自分の好きな物とか、感動する作品が、
どうやっても繋がらないと思われるような所で、
実は繋がっている事が多い、今日この頃です。

2010 3/12 島根健バンドデビュー

いや〜、圧巻でしたね〜。
深夜0:00スタートという異例の時間帯にも関わらず、
お客さんを大興奮に持って行くあのステージング、
もちろん完璧なボーカル、たっぷりのサービス精神。
本番に至るまでの全ての過程、リハなどを通して、
堪能&勉強させてもらいました〜。
やっぱりパワーのある人の元には、人が集まるのですね。
milly la foret はヒューマンパワースポット目指します!
それにしても、リハが始まった瞬間、
ライブハウスの人達の手が一気に止まって、
ステージを見上げている姿が凄かったなー。
誰?あの人?みたいな、音楽に聞き慣れている人すら、
一瞬手を止めて凝視しちゃう程の実力、凄いっす。
そして久々にローディやって気づいたのですが、
milly la foret の機材は半端ない(汗)
今回はいつもの半分くらいの機材だけど、すんごい大変だった。。。
普段は後にステージを控えているだけあって、
アドレナリン出ていたのか、あんまり感じなかったのですが、
これ冷静に見ると凄い量ですよ…。
と、そんな荷物もちゃっちゃと片付けて、打ち上げへ。
(打ち上げでもアドレナリンは出るらしい)
我々は1次会で切り上げてしまいましたが、
それでも3時過ぎまで、たっぷり盛り上がりましたとさ〜。
島根健バンドの第2回ライブを楽しみにしてます!

2010 3/3 風邪か花粉か?

それともインフルエンザか?
とにかく毎年この時期は体調不良。
重度の花粉症のため、風邪と似た様な症状に悩まされる時期です。
声も出づらいし、身体の節々が痛む。
そしてこれが結構つらい!頭がボーっとするのです。
あ、いつもボーっとしてるか。
そんな中ですが、島根健バンドのリハーサルへ。
美織さんもご出演されるので、
久々にローディ業に精を出してます。
ローディの特権で、リハを見学出来る!
と、いうのがありますが、
身体が上記のような状態なので、もしも風邪だったら…
狭いスタジオでは確実に周りに移してしまうので、
セッティングだけして、そそくさと退散。
残念無念。。。
当日のステージを倍楽しめるという風に考えて、
とにかく、周りに移さない事を第1に考えて行動してます。
うーん、沖縄に別荘兼スタジオを建てて、
この時期はそっちのスタジオに籠って制作、、、
(沖縄には花粉がないと聞いたので。ホントなのか?)
なんて妄想が膨らませながら、
渋谷のスタジオロビーで、1人待つ怪しい男。

top

music

comments

CD

travel

link

log

copyright shunsuke arai all right reserved