Je reste avec vous
Journal 2010

2010 5/29 国吉良一グループ、イル、リハーサル

スタジオにて、2グループのリハーサル。
そしてイルとは司会の打ち合わせ。
さらに執事、、、、というか、雑用業務多数。
それでもやっぱり魅力的な人たちとのやりとりは、非常に楽しい!
未知なる喜びを引き出される感覚があります。
そして毎度、というか毎回なので、薄々感づいてはいたんですがね、
本日確信に変わった出来事というか、結果が。。。
イルと僕が話すと話が進まない w
気付くと10分前に話していた事からは考えられない方向に話が。。。
すいすいと脱線していきます我々、驚くほどスムーズに。
息が合っているんだが、いないんだか。。。
大丈夫か?司会の2人?
ここにも不安要素が〜。
あれ?もう来週青空市だ。

2010 5/25 追われています

milly la foret 追われています。
何にかって?時間と仕事に、それはそれはデンジャラスに。
うへ〜、いろいろ間に合うのだろうか?
準備は1つ残らず完璧にして、本番はゆる〜くやろうというのが、
我々の考える(というか美織さんの考える)青空市。
なので、ほんっとーに細かいとこまで気合い入ってます。
例えば、少しでも打ち上げ費用を安くするために、
ケイタリングを1日かけて探して、さらに交渉して、、、
ドリンクも少しでも多く飲めるように、
1円でも安い酒屋をネットで探したり、実際に酒屋巡りをしたり。。
主催者でもある美織さんは、
常時60人以上のメール対応を始めとした、プログラム作成、
当日の構成考え、会場の使用方法などなどに追われて缶詰め。
こうなると、毎回自分たちの事が後回しになってしまうので、、、
今度は milly la foret のステージがかなり心配。
それでも参加者みんなの「少しでもより良く」という小さな気持ちの集合体こそ、
「青空市」だから、絶対にどの作業にも手を抜きません。
きっと当日全部報われるはずさ〜。
参加者の皆さんも頑張っているみたいだし、
大変だけど、やっぱり楽しみです!

2010 5/15 青空市4詳細




止まらない時間、迫り来る開催日!
詳細決定!
必ず元気になれます!
人と人とのパワーが重なりあう、まさに奇跡のような1日!
ステージに上がる人も、クライミング講習にチャレンジする人も、
音楽に酔いしれる人も、誰かを応援するために来る人も、
みんながきっと笑顔になれる2年に1度の青空市!

日時:
2010年6月5日(土)
14:30開場
15:00〜16:00 クライミング講習会
16:00〜19:30 ライブ

場所:
クライミングジム「プロジェクト」
http://www.projectclimbinggym.com/
横浜市都筑区佐江戸町417
TEL:045-532-3499

出演者:
アンサンブル友遊(リコーダーアンサンブル)
イル(ポップス)
Owlet(アイリッシュミュージック)
国吉良一グループ(インストルメンタル)
国吉静治(フルート)
小山田大(クライミング・パフォーマンス)
コンソート野ばら(リコーダーアンサンブル)
斎藤ネコ(ヴァイオリン)
斎藤M(ボーカル)
still.. you turn me on(ロック)
TSUKASA(ドラムス&パーカッション)
中村"JIZO"敬治(ギター、ボーカル)
milly la foret(ポップス)
夢笛 from 和歌山(リコーダーアンサンブル)
ラ・ヴィーニュ(ゴスペルクワイア)
Rob Mayo(ドラムス&パーカッション)
(五十音順、敬称略)

ミュージックチャージ:無料

施設使用料:1,000円

その他:
ノンキー青空市はエコを推奨しております。
フライヤー、プログラムなど、当日の配布はありません。
各自でプリントアウトしてきたものを、ご持参お願いします。
フライヤーと選べる4種のプログラム、全員合奏用の楽譜。
フライヤー、北海道から参加のワルツさん作、
プログラム、千恵さん作
楽譜、地図、情報更新、美織さん作
どれもとーっても素敵ですよー!
ダウンロード、ノンキー青空市の詳細は下記URLより。

http://nonky.miorio.net/

2010 5/14 同じ世界の住人

TSUKASAさん、スタジオへ。
青空市4 クライミングパフォーマンス曲の作成へ。
片道2時間(以上かかることもある)の道のりにも関わらず、
こうやって足を運んでくださる。
コラボ曲を作曲していく課程を見せてもらえる事も、
ものすごい勉強だけれど、この何かに向けて貫き通す姿勢や、
愛情に触れられる事が、最も素敵でありがたいことだと思います。
損得勘定などまるでない、子どものように純粋な人たちと、
同じ世界に住んでいる幸せ。
そして、誕生日ケーキを買ってきて下さいました!
これがやべーうまい!
たぶん、僕のケーキランキングベスト3に食い込んだ!
(最終的に結局、、食の話題。。。)
当然、、、写真撮り忘れました(笑)
だってみんなで、がっつくんだもん。

本日も深夜、というか朝まで制作。
青空市4へ向けて頑張ってます!!

2010 5/12 プチ誕生日祝い

こんな忙殺されている日々ですが、16日は美織さんの誕生日。
日ごろお世話になりすぎている弟子が、
ささやかながらランチへご招待。
湘南の、とあるレストランへ。
味付け、盛りつけ、創作センス、お店構え、場所、
それらすべてが、milly の活動や考えと似ていて、
行くたびに元気になれるレストラン。
そんな食もまた、アートの域へ達していると思います。
同じように頑張っている人がいる!
そう感じることが出来るすてきな場所。

とはいえ、やることが次から次へと押し寄せてくるので、
早々に引き上げていろいろいろいろ。
北は北海道、南は九州から、
当日楽しみにしています!との連絡が入ってきている様子。
嬉しいですよね〜。
距離なんてものともしない、皆さんのパワー。
青空市は、みんなに育てられてきたんだなぁ〜と感じます。
微力ながら、青空市4へむけて、
僕も全力を絞り出したいと思います!

2010 5/10 音語は世界共通語

青空市4にも参加してくださる、斉藤ネコさんのライブへ。
何度も見に行っていますが、
その度に音楽の豊かさを感じずにはいられません。
そして、とてもMCの参考になります(笑)
このMCの面白さは見に行ってみないと多分わかりません。
例によって、僕は前半だけしか見れませんでしたが、
それでも行ってよかったー。

上記とやや矛盾するかもしれませんが、
ここに来ると言葉がいらないのです。
ネコかるの方々は、曲中に音で会話しているように見えます。
いや、してます確実に。
  英語に勝る世界共通語、音語ですね(笑)
MCはお客さんに向けて話すもの、メンバーとは音で会話する。
そしてその音の会話はもちろん、お客さんにも聞こえます、
何故でしょうね?内容が本当にわかるんですよ。
だから自然と笑っちゃうし、聞き入ってしまいます。
特に今回Celloの藤森さんにハマってしまいました。
ず〜っと見て聞いて笑っていました。
そして、そこからの発信に答えるメンバー、
今思い出してみても、いい時間だったなー。
至福の音語に酔った夜。

2010 5/7 青空市4セッティング会議

青空市4に関するPAや、当日の会場セットの最終打ち合わせ。
人数多めのバンドスタイルである、milly la foret とstillのTSUKASAさん、
そしてPAを担当してくださる方と、クライミングジムプロジェクトへ。
実際にジム内を歩き回り、サイズを計り、音の響きを確認。
当然、音楽のために作られた場所ではないなので、
そこにはたくさんの「制限」がつきまといます。
しかし、その与えられた環境で、場所からも人からも、
最大限の能力を引き出すことこそ、
アーティストの腕の見せ所です。
みんな目の付け所が鋭くて、非常に刺激的な意見、
そして青空市4を少しでも良くしようと思っていることが、
ひしひし伝わってきました。
結果、当初考えていた案よりもさらに改善された案になり、
これで当日の会場図が完成。

その後、スタジオにて軽く1杯頂きまして、
TSUKASAさんが持ってきてくださる、地ビールがやばいうまい!)
当日小山田大ちゃんによるクライミングパフォーマンスの曲作り。
美織さんとTSUKASAさんによるコラボ曲、
これがまたかっこいい曲なんですよー。
「動」と「静」、これに大ちゃん達の登りが加われば、
クライミングがスポーツからアートの世界へ足を踏み入れそうです。
これは当日までのお楽しみ〜。

2010 5/3 いいわけつき、合宿

あるバンドのある曲のある部分に、
「大人数でのかけ声のようなコーラス」が必要になり、
そのサンプリング音源取得のため、
あくまで、音源取得のため、バスケチームの合宿へ参加。
筋肉組織の破壊を感じながら、バスケをこなして、
メンバーの協力のもと、レコーディングへ。
僕の荷物の大半はレコーディング機材となっておりました。
最終的にはしっかりテンション上がり、
10人以上で一発録り、という形へと発展しまして、
なかなかにいい音源が録れましたよー。
レコーディングする機会なんて、なかなかないし、
メンバーにも楽しんでもらえたようで何より。
チームならではの一体感のある音もらえました。
音を聞くとこういった違いもよくわかるんですよね〜。
この音源がどう変わるのでしょーかー。
今後が楽しみです。

top

music

comments

CD

travel

link

log

copyright shunsuke arai all right reserved