Je reste avec vous
Journal 2011

2011 4/29 VJ素材集め

何処にいるでしょうか?
この中にTSUKASAさんがいます

今日は朝から、5/14 still LIVEで使用するVJ素材撮影。
当初は丹沢方面まで行って撮影予定でしたが、、、
さすがGW、50km近い渋滞情報にあっさり降参。
急遽、僕の地元でロケ地探しから始まりました。
「森」の中というリクエストだったので、
15年くらい前に僕が友達と作った
「秘密基地」へ行ってみました。
あれ以来全く足を踏み入れなかった場所だけど、、、
この街はここ数年だけでも、劇的な変化をした街、
どうなってしまったのか、想像もつかなかったのですが。

そこにあったのは、15年前そのままの場所。
森に囲まれた遊具も何もない、日だまりが出来る公園。
何もないままで残された場所。
ちょっと感慨深いものがありました。
そして、、
そこからカメラ1つ持って、森へ入っていく怪しいTSUKASAさん(笑)
どんな映像になったのかは、、、
当日のお楽しみです!

その後は、昔この街に住んでいたTSUKASAさんと、
この街今昔物語でそれはそれは盛り上がりながら、
様々な場所へ移動しつつ、ご飯食べつつ、撮影しつつ、
丸1日かけて撮影終了〜。
ふ〜、、これから編集漬けの毎日が始まる〜。
壮大なLIVEに、少しでも華を添えられるよう、
気合い入れてがんばりまっすよー。

2011 4/28 シマネ健バンドLIVE@ラ・ドンナ原宿

前日深夜23時まで練習、本日午後一で会場入りです。
いや〜、何ともお洒落な会場でびっくり。
そして、恐ろしく狭い駐車場にもびっくり。
僕の本日のメインイベントは「車庫入れ」でした。
1人で駐車&出庫出来たのは、1つの奇跡です。
原宿おそるべし。
そしてライブというより、ディナーショーのような会場。
(実際に島根県食材による、ディナーコースが付いていました)
一通りセッティングとリハを終えると、
4時間くらいの待ち時間。。。
長い。。。と思いきや、
ipadマジシャン内田さんのマジックを見せてもらったり、
とてつもなく小さな話が何処までも膨れていったり、
2日後に迫った島根県凱旋ツアーの話で盛り上がったり、
結局いつの間にやら本番直前。
バンドってこの雰囲気重要ですよねぇ。
不思議とサウンドに反映されていく、
Queenの名曲Flashでは、FROGMANさんもゲストで登場。
当然大盛り上がりの内に終了。
島根県出身のお客さんが多かった事にもびっくり。
半分以上が島根県出身だったかな?
シマネ健さん、シマネ博之さんをはじめ、
会場から郷土愛を感じるライブでした。
明後日この興奮冷めやらぬまま、島根県へー。

2011 4/21 レ・ミゼラブル観劇

レ・ミゼラブル

とびびこと、石飛幸治さんが出演されている、
レ・ミゼラブルを観劇するため、帝国劇場へ。
そういえば、2006年にロンドンで僕がこの公演を見た時、
とびびも一緒にヨーロッパ旅行に行っていたんだよなぁ、、
あれから5年、日本公演のその舞台にいるなんて、
本当に凄い!凄いですよ!
しかも、大人数のミュージカルの舞台にいても、
立ち振る舞いがきれいで、グランテール(役名)が、
すごく素敵に見えました。

もうね、帰り道は青木さん美織さんと、
とびびを褒め合う会(本人不在)が行われていました(笑)
沢山の刺激をもらった今日の観劇。
僕らはこの道に身を置く限り、
少なからずのいろいろな不安と戦い続けています。
だけど、積み重ねて、1つ1つに真剣に向き合えば、
その先には必ず素敵な景色が見える、
そんな事を、背中に学ばせてもらっている気がしました。

2011 4/16 時間の潰し方

フェルメール地理学者とオランダフランドル絵画展

またも友人の結婚式の案内が来てまして、
披露宴での余興もお願いされたので、
大学の同期とその練習へ。
んが、
何をどう間違えたのか、自分でも謎ですが、
集合場所渋谷に、2時間半前に到着しました。
なぜそんな中途半端な時間を間違えられるのか。。。
さて、、どうすっか。。。
外をぶらぶらするには、あまりに花粉が飛びすぎている。
お店に入っても欲しくなるだけで、買うお金無い。
カフェは人多すぎて落ち着けない、お腹はいっぱい。
そんな僕がたどり着いた場所↓

フェルメール"地理学者"とオランダ・フランドル絵画展
@Bunkamura ザ ミュージアム


これはかなり面白かった!
地理学者以外にもレンブラントの作品や、
その工房にいた(弟子?)の作品など、
見た瞬間に心を奪われる作品を数点発見しました。
時代背景や、絵にまつわる話は全くわからないけど、
この目で見て、感じるだけでとても楽しめるのが素敵です。
1つの額縁の中に画家の目に写った「過去」が閉じこめられていて、 その一瞬の後や先にも時代が続いていて、
絵に組み込まれた世界や、匂いや、動きを感じられる。
オランダ絵画展はおそらく初?だったけど、
とても有意義な時間を過ごす事が出来ました。
レンブラントの絵は、全体像がとても暗いけど、 美しい光の灯火が、確かな温もりと体温を感じさせました。
フェルメールの「地理学者」も素敵だったし、 レンブラント工房の画家が書いた絵にも心を奪われました。

と、そんなこんなじっくり見ていたら、
いつの間にか2時間過ぎていて、
危なく今度は遅刻ギリギリ。
結局走って目的地へ向かいましたとさ〜。

2011 4/15 シマネ健バンド リハーサル

本日はボーカル抜き、バンド隊の合わせ確認。
ピリリっとプロの空気が流れるスタジオ内。
より良く、さらに良くなるように、
細かな所までアイディアの出し合いが続きます。
4時間があっという間でした。

そして同時進行で進めてきた、
シマネ健バンドHPのリニューアルも完了。
出来れば大至急との事だったので、
かなりハードスケジュールではあったけど、
こちらも何とか形になり一安心、ふ〜。
やっぱりライブ前、CD発売前は忙しない〜。

シマネ健バンド オフィシャルHP

2011 4/12 still ミニリハーサル

TSUKASAさんから、今回のライブにかける情熱が伝わってきます。
たとえ2時間でも、合同リハの前に合わせたいと、
千葉から数時間かけて来て、リハーサルスタジオに入ります。
mill la foret ライブの時にも、合同リハの前に、
個人的に、リズムや構成の確認の為にリハーサルスタジオに入ったし、
向き合い方が半端ないです。
師匠に着いて、いろんな場所へ行かせてもらい、
いろんな人に会わせて頂いたけど、
やはり第一線の人たちに共通しているのは、この情熱だと思います。
その姿勢は人を触発するし、さらなる良い物を生み出す力になっていく。
何よりそんな人たちを間近に見て、
接する事が出来る事は、この上ない幸せな事だなぁ。。。

まだ映像が出来てないので、荷物運びしかやる事がなかった僕は、
スタジオの片隅で、そんな事を考えていました。

2011 4/10 シマネ健バンド打ち合わせ

シマネ健バンド2ndアルバム神々の国

5/1に発売される、シマネ健バンド2ndアルバム
神々の国」についてと、
今月末と来月頭のライブ打ち合わせ。
ライブ編成により、変わるPCのプログラムの確認と、
2ndアルバム発売に伴いHPリニューアルの打ち合わせ。
milly la foret フル稼働中〜。
たとえ大変でも、楽しい事なら大歓迎。
ライブも勿論楽しみですが、
地元同級生Nさんと健さん、
島根初上陸メンバーの為に、
島根満喫ツアーを計画してくださっているとの事!
嬉しいな〜、お心遣いに応えられる仕事をしないと!
それにしても、打ち合わせ時より、
一層楽しそうで、輝いてました。
もちろん、、、言うまでもなく僕らもですけど(笑)
楽しみです!

2011 4/5 still Live の打ち合わせ

still you turn me on..

帰ってきて早々ですが、次へ歩き出します。
TSUKASAさんのバンド、still you turn me on...が、

The intersection of Art 〜アートの交差点〜
時間と空間とのコラボ

と題して、5/14に六本木superdeluxeにて、ライブ開催!
いよいよです、ずーーーっと前からTSUKASAさんが、
いつかやりたい、と夢を語っていた企画が現実に。
実現に向けて、いろんな場所へ足を運び、
そして多方面に気を使って、
動き続けている課程を見てきました。
それだけに、何とか力になりたい!
という気持ちも強いです。
見るからに準備が大変そうなライブですが、
このライブを語るTSUKASAさんは幸せそう。
VJ(映像)は、当日もさることながら、
事前の準備が8割の、仕事も非常に多い役どころ。
信頼に応えなきゃ!
昨年末の「イルの羽化」ライブで得た、
映像編集技術も駆使して、
120%の力で応援させてもらいますよー。

top

music

comments

CD

travel

link

log

copyright shunsuke arai all right reserved