Je reste avec vous
Journal 2011

2011 1/30 ソレイユの丘

何年ぶり!?
ソレイユの丘へライブというか、お手伝いというか、
遊びに行ってきました!??
ソレイユの丘レストランステージで、
アンサンブル友遊さん、コンソート野ばらさんのリコーダー演奏。
そこに milly la foret 2曲参加させてもいました。
そして、とびびこと石飛さんと荒井の司会。
当日の無茶ぶりでも、、、とびび貫録の司会ぶりでした。。
「今」必要な役割を、瞬時に判断し行動する、
そんな背中から、勉強もさせてもらいました。

リコーダーアンサンブルに合わせて、
歌い出す子ども、踊りだす子ども、
このような反応を引き出せる事が、
このアンサンブルの魅力です!
リコーダーが十数本も揃い、演奏すると、
ついつい構えて聞いてしまいがちですが、
皆さんのお人柄でしょうね、その暖かい演奏は、
「共に楽しむ」という音楽本来の姿でした。
そしてノンキー青空市2で、既に実証済みですが、
やっぱりリコーダーの音色は、ソレイユの丘に合う!
皆さん、お疲れさまでした〜。

ソレイユの丘

帰りは、日が指している海辺に雪が舞うという、
なかなかお目にかかれない景色に遭遇しつつ、
別動隊となった、とびびとRioちゃんとで、
鎌倉八幡宮へお参り&評判の串揚げ屋コースで、、、
大変な珍道中を繰り広げながら帰ってきましたとさ〜。

2011 1/29 milly la foret 004 LIVE 〜冬の薬草〜

ご来場頂いた皆さん、ありがとうございました!
楽しんで頂けたでしょうか?
ありえん程素敵なミュージシャンに囲まれ、
前日から、とにかくテンパっていましたが、
素敵な宝物がまた1つ増えた、そんな感じです。
いっぱい感じた事や書きたい事もあるけれど、
いろんな事がありすぎて、未だに整理出来ないや。。。
その中から1つ。
これは強く感じた事なのですが、
会場に足を運んで下さった人たちの感性も、
ものすごく育っているという事。
ほんの少しだけど、お話出来た人たちの、
目の付け所が、驚くほど洗練されてきている。
ふふふ、怖いわー(笑)
活動や日記を通して、僕らが大事にしている「核」の部分が、
伝わっているのだなぁ〜と感じて、嬉しかったです。
その分僕らもレベルアップしていかないと、
おいてけぼりにされちゃう!
お互いに育て合うという、素敵な関係が出来つつある、
そんな風に感じました。

どれほど限界に挑み、準備をしてきても、
後悔とは違う「もっともっと」という、
満たされない部分があるものですね。
この理由は、リハ段階からミュージシャンの姿を見たからです。
ほんとに途方もない高さの「山」に登っています。
今でも十分高い場所にいるのに、
そこからの景色に満足せず上を目指し続けてる。
ほんと、カッコいいです。

ライブ準備で貯まってしまったお仕事を片づけたら、
いざ!ニュージーランドへ!

2011 1/28 リハーサル

ライブリハーサルでコラボミュージシャンが全員集合。
2年前にもリハーサルで使用した某スタジオへ。
このメンバーがそろうと、やはりオーラが凄いです。
たしか2年前は、その空気に触れただけでK.Oされたなぁ(遠い目)
ギリギリで全曲やっつけて終了。
リハしてる本人が言うのもなんですが、贅沢な空間だなぁ(笑)

終了後はネコさんおすすめのアジア料理屋さんへ。
大変美味でした、パクチー祭り万歳。
車だったので、お酒が飲めなかったのが悔やまれる。
まぁ、本番前なんでどっちにしろ飲まないけど。。。
飲める時にもう一度行きたいお店でした。
さぁ!あとの問題は、、明日の早起きです!

2011 1/24 アンサンブル

1/30にちょびっとだけ、
ゲスト出演させてもらうコンサート、
アンサンブル友遊×コンソート野ばら
リコーダーアンサンブル@ソレイユの丘
のリハーサルへ。
リコーダーという楽器は本当におもしろいです。
音を聞くだけで、その人の性格や、
グループの特長まで、くっきりと見えてきます。
究極のアナログ楽器かもしれません。
音の伸び方、リズムの取り方、
呼吸のひとつにいたるまで、個性がはっきり出てきます。
そして、総勢20名程のリコーダーアンサンブル、
面白いですよ〜、なんかね固くならずに、
ゆるっと聞ける音、だけど「豊か」です。

ノンキー青空市2の会場であり、
milly la foret が結成される前に、
何度もライブをやった思い出の場所。
4年ぶりかな?かなりご無沙汰してしまいました。
ソレイユの丘に行くのも楽しみです。

2011 1/19 シマネ健バンドレコーディング

さよなら1月、、、怒濤の勢いで過ぎていく。。。
本日はシマネ健バンドレコーディング。
何でも屋アシスタントに早変わりする自分です。
スタジオのセッティング終了後は「喫茶あらい」を開店。
コーヒーひいてます。
実はこのコーヒー1杯を出すだけでも、
相手の人柄だったり、性格がよくわかります。
健さんはコーヒーをひいてる時から、
とっても楽しみにしてくれているのが伝わってくる!
うまい!これはどこの!?いい匂いだ!
など、沢山の反応が返ってきます。
気遣いも凄いし、周りを楽しませようとするし、
人への向き合い方が素敵だなぁと思います。
喫茶店のマスターは、おいしく飲んで頂けて何より。

時々レコーディングブースにてお手伝いすると、
オーディオトラックの数が半端じゃない。
またも難曲に挑んでいる様子。
5月には島根県での凱旋ライブもあるし、
今後の活動からも目が離せません。

昨年11月に人生で最もつらい1ヶ月を送ったと思っていたら、
今年の1月はさらにそれを超えています。
が、健さんの年末から本日にかけてのお話を聞いて、
いかに自分が、まだまだであるかを実感しました。
比べるのもお恥ずかしい。
まだまだ頑張らないといけん!

2011 1/18 Sting

もうね、説明なんていりません。
最高峰。
パフォーマンス、サービス精神、楽曲、すべて。
ここ数年のStingの日本公演ライブには、
必ず通ってましたが、ライブでは聞けていなかった、
大好きな曲、
「Why Should I Cry For You?」も聞けて感動。
アレンジも素敵だったなぁ。
オーケストラアレンジは誰がやっていたのかな?
今回オーケストラを率いてましたが、
それでも、、Stingの魂はロックでした。
これは、見た人は全員納得出来るでしょう。
熱いのですよ、魂が、
ステージから伝わってくるんです。
オーケストラの音ともしっかり繋がっているのに、
クラシカルではなく、ロック。
凄いなぁ、終始鳥肌でした。
ただね、、日本のオーケストラが、、、、
なんというか、もう少しロックを、
曲に練り込まれた世界を感じた演奏をして欲しかったなぁ。
マエストロのSteven Mercurioの躍動感ある指揮と、
Stingのパワフルかつ繊細なステージとのギャップが、、、
とはいえ、しっかり満喫して大満足なライブでした。
公演の度に、期待を超えるパフォーマンス!
偉大なアーティストです!

2011 1/11 誕生日祝いとライブ打ち合わせ

ウカール

冬の薬草ライブでの使用楽器を積んで、
TSUKASAさんが来て下さいました!
と、その前にもうすぐ誕生日のTSUKASAさんに、
誕生日ケーキを買おうと、おいしい洋菓子店を探す。
なんと家の近くに、今神奈川でもっとも評判高い、
洋菓子店がある事を発見!
全然知らんかった。。。
こういう時の行動力も milly la foret はすごい。
10分後には、洋菓子店へ向かう車の中(笑) その後TSUKASAさんの育てた無農薬野菜を前菜に、
これまた持ってきて下さった千葉の地ビールで乾杯!
(この地ビールは、かなりおいしい!)
美織さんお手製のプチディナーで、相変わらず盛り上がりました。
そうそう、お初のケーキ、
これが噂に違わぬおいしいケーキ!
ぱっと見は決してギラギラしてないけど、
食べてみると、甘さの中に酸味やビターな味が混ざり、
さらに、食感もサクサクからプルふわまで楽しめる、
「技」の光るケーキでした。
こういう洗練具合を、音楽にも練り込めればいいなぁ。
これ見よがしではないけど、キラリと光る、みたいな。
食後はスタジオに入って、音源を聞きつつの打ち合わせ。
こうなると、さっきまでとは変わり、
3人とも真剣な目つきに変わります。
ステージを想像しつつ、当日の動きを想像しつつ、
我々の頭の中を、伝えつつ意見をもらいつつ、
1曲ずつライブ構成が出来上がっていきます。
深夜4時過ぎまでスタジオに缶詰め状態。
大変そうだけど、ワクワクします!

写真は受験生の息子さんを持つTSUKASAさんと食べようと用意していたもの。
話が盛り上がりすぎて、出すのを忘れたので、後日受験成功の念を込めながら食しました。
肝心のケーキ写真はというと、、、、
撮ったのに保存せずにケーキにがっついたようで、画像が消えてました(苦笑)

2011 1/9 ギターレコーディング

ライブに向けて&milly la foret 新作CDに向けて、
本日はギタリスト、中村"jizo"敬治さんに、
ギターのレコーディングをお願いしました。
人の力が加わった時の化学反応、
これほど先の見えない、ワクワクするものは無いですね。
まずは、車いっぱいに積み込まれた、
大量の弦楽器をスタジオに運び入れます。
一見、普通のこの作業をやりながら、jizoさんの、
人への向き合い方、音楽への姿勢が、
本当に素敵だなぁと思いました。
だって、全ての楽器を使うわけじゃないからです。
レコーディングを進める上で、もしかしたら使うかも、、、
という可能性があるものを、
車にギリギリまで詰め込んで、持ってきて下さったのです。

僕は昔から、「言葉」をあまり信用していません。
「行動」こそが、その人の真実だと確信しているから。
(おかげで言葉が足らないとよく言われますが。。。)
だからjizoさんの行動を見て、話さなくても、
今日のレコーディング、milly la foret に対する気持ちを感じて、
運び入れる作業をしながら、嬉しくて顔がほころんでいました。

さて、本題のレコーディングですが、、、
想像していた方向性を歩きつつ、jizoさんのセンスが入る曲。
想像していなかった方向へ歩きつつも、
新たな側面を見せ始める曲など、
多種多様、とても面白い物となってきましたよ!
まずは冬の薬草ライブで、その一端を垣間見れる事でしょう!
ますますライブが楽しみ!

2010 1/3 厄落とし

別に厄年でも何でもないのですが、
つい先日体調管理に気をつけたいと言った矢先、

発熱。

我ながらびっくりですが、
milly diary にも書いた通り、
うさぎ年に浮かれず、
いつものように亀で行く大切さに気付いたし、
今年もがんばれや、と言う、
神がかった何者かのメッセージだと受け取ります。
そんなわけで、正月太りならぬ、
正月ダイエット(不健康)に成功しました。
改めて体調管理の大切さを痛感させられる年始。
ちょいと休んだら、
冬の薬草ライブまでノーブレーキで頑張ります。

2011 1/2 謹賀新年 2011

2011兎年

今年も無事に幕を開けました。
もう少しマメに日記をつけられるように努力しつつ、
マイペースを崩さず頑張ろうと思います。
あと体調管理、これはね特に気をつけて行きたいです。
ただでさえイノシシ年、そこに目的があると、
ペース配分を考えずに突っ込んでしまうので、
今年はこの辺を考えて行動出来る様にします。

さて年明け一発目は、昨年結婚した友人夫婦に、
2次会幹事のお礼ということで、ご招待頂きました。
10年以上の付きあい、しかも家での酒宴となると、
なかなかのはっちゃけ具合となりまして、
6時間以上が、一瞬の出来事。
新年早々おいしい料理と、お酒を頂きました。
F夫妻、ありがとうございました。

この年齢になると、大学卒業時に感じたような岐路が、
もう一度見えてくるように思います。
あの時は、ほぼ全ての人が「就職」という中で、
各々の岐路に立っていた様に感じましたが、
今はさらに大きな「生涯」の岐路。
家庭を持つ人、今も夢を追う人、
何より自由を求める人、安定を求める人、、、。
当然僕も、その岐路に立っている1人。
10年後の自分が今の決断を誇れるような、
そんな道を歩いて行きます!
今年もよろしくおねがいします!

top

music

comments

CD

travel

link

log

copyright shunsuke arai all right reserved