Je reste avec vous
Journal 2011

2011 7/22 ラストラン

shadow 400

高校の時から憧れ続けたこのバイク。
ようやく手に入れて、大事に乗り続けていたのですが、
恥ずかしながら財政難で、維持出来なくなってしまいました。
だから今日がラストラン、このバイク独特のエンジンの振動と、
(ちょっとやんちゃな)マフラー音を、堪能してきました。
5年半もの間、僕の足として走り続けてくれたバイク。
400ccとしては、異例の大きさだったし、
音も独特で大きかったので、
白いバイクに目を付けられた時もあったなぁ(笑)
果ては伊豆まで行った事もありました。
何とかこのバイクに乗り続けたかったけど、、、

変な話ですが、長い間つき合った恋人と別れるような、
ずっと一緒だった親友と2度と会えなくなるような、
そんな寂しさでいっぱいです。
昔から物にも魂が宿る、みたいな事を信じているからかなぁ。
このバイクとのお別れは、本当に胸が痛い。。。

走行距離 堂々の20,946km
長い間ありがとう!

2011 7/10 一口坂スタジオ

某有名アーティストのレコーディングを見学させて頂ける事になり、
よーく話題に上る、一口坂スタジオへ初めて行ってきました。
僕は贅沢な事に、制作はすべて師匠の家のスタジオを使用させて頂いてますが、
昔は宅スタなんてないですから、
師匠世代の人が集まると「スタジオに住んでた」なんて、
そんな話で盛り上がっている事もしばしば。
「話は聞いた事あるけど、行った事が無い場所」だったのです。
チャンスを頂き、ワクワクしながら防音扉をくと、
どでかいミキサーに、見た事もない様なマイク、
とてもテンションが上がる場所でしたね〜。
緊張感とリラックス感の同居する、ピリピリした心地よい空間。
おそらくこの空気は、ディレクションする人によって随分変わるのでしょうね。
詳しくはまだ書けないレコーディングですが、とても刺激的でした。

いつも宅スタに篭って作業出来る環境は、とても贅沢だけれど、
外にでて、いろんなアーティストや技術の方に会い、
緊張感の中で「創る」事も、やはり重要な事だと改めて実感。
創り出す人々に触れる時間は、
財産となって自分の中に蓄積されて行くのを感じます。

2011 7/8 また1つ歳を重ねて

早いものですねぇ。
もう18才になってしまいました orz
あ、別にツッコミとかいりませんので。。。。
そんなわけで誕生日でした。

この年になっても、多くの人からお祝いの言葉や、
お祝いをしてもらえるのは嬉しく、そして貴重なことだなぁと、
周りへ一層感謝する日でした。
その一方で、この先の自分に対する、
大きな不安と、ぬぐい去れない孤独と、
向き合い始めた、、、そんな事を感じ始めたお年ごろ。
残された時間を、悔いなきよう駆け抜けなければ!

最近は、応援してくれる人たちの言葉が、
良い事も、悪い事も、今まで以上に心に響きます。
その力を借りながら、自分とも向き合いつつ、
「良いもの」をお届けする事で、恩返しして行こうと思います!

2011 7/4 節電の夏

連日15%の節電に取り組む関東圏です。
が、わが家では人間よりも先にPCがやられました。。。
冷房はつけない、しかも扇風機はひたすらPCに向けていたのですが、
尋常ではない熱を持ってPCダウン、インフルエンザ顔負けの発熱具合でした。
持った瞬間「熱っ!!」と耳たぶに指持って行ったほどに。
(↑この行動は古いらしい!?)
基本的に音を出している時は、ご近所迷惑なので窓を閉め切るし、
その中で歌を歌った日には、バスケ顔負けの汗だくになるのですが、
僕よりも先にPCがフリーズ、暑いのに。
後々聞いてみると、師匠のスタジオでも同じ事が起こっている様子。
こまめに電源切って冷やしたり対策しないと、
パソコンが壊れるので気をつけないといけない夏です。
とはいえ、1番大事なものは命なので、
無茶はしないで、この夏を乗り切りましょう。

top

music

comments

CD

travel

link

log

copyright shunsuke arai all right reserved