Je reste avec vous
Journal 2012

2012 2/25 Jizoさんライブへ

Jizoさんのソロライブといえばpicnic
土曜の夜にふら〜っとお邪魔してきました。
やっぱりここの雰囲気はJizoさんに合うなぁ。
木のぬくもりと、ギターの音が妙に合うんですよね。
素敵な時間を過ごさせてもらいました。
そして、若い頃からずっと一緒に音楽をやっていたという、
某有名人Yさんもいらしていて、最後には飛び入りで歌っていました。
仲の良さというか、長年の阿吽の呼吸というか、
その2人が醸し出す波長も素敵でした。

2012 2/21 CDジャケット制作

ついに2ndアルバムのCDジャケット制作も本格化です。
今回のアルバムのジャケットデザイン、
デザイナーは1stアルバムのデザインも手がけてくれた若江さん!と、
milly la foret で相談する事もなく、2人共決めていました。
センスやこだわり、腹黒さまでとても milly に近く、
同じテンションで、同じように作品を愛してくれる人!
というわけで、打ち合わせをしに度々日記に登場するネコ屋敷へ(笑)
ネコ屋敷について最初にした事。。。
撮影会
こらこら。。。

若江さんはさすがでした。
アルバムタイトルの考察では milly la foret が気付いていなかったような、
盲点を指摘してくれたり、事前にお送りした音源を聞き込んで、
とても鋭く、かつクリエイティブな感想をくれたりと、
想像以上に感性を揺さぶってくださいました。
これから一緒に考えましょう、と言ってくれたのも嬉しかったです。
ジャケットもまた、限られた時間の中で、
精一杯の愛情を込めて作られていくことでしょう。
絶対にいいものが出来る!という予感が、確証に変わりました!
タマコトラオジロウ
タマコさん、トラオさん、ジロウさんもひとつよろしく。。。

2012 2/19 会場抽選

さて、今年は milly la foret もいろいろ大変ですが、
2年に1度の「ノンキー青空市5」もあります。
超一流のプロミュージシャンや、音楽家や、
本当に音楽が好き、というアマチュアの方々が、
同じステージに立ち、音楽を純粋に楽しむ祭典。
前回は音楽だけでなく、写真やスポーツで参加される方もいました。
回を増す毎に、いろんな枠を越えてきた青空市。
今回はどんな青空市になるのでしょうね!

と、素敵なステージを作るにはそれ相応の準備が不可欠です。
そして毎度ですが、入場料を取らないため予算は0円。
(というか、ほとんど師匠が自分のお財布からだしている。。。)
当日訪れた人に、カンパをお願いするスタイルです。
アイディアと交渉、そして運が必要という会場探し。
それでも毎回、北は北海道、南は九州から、
青空市を楽しみに来てくれるノンキーの仲間がいるからと、
少しでも素敵な会場を探しています。
僕にとっても、今の音楽ライフが始まった場所。
思い出深く、恩深いノンキー青空市。
少しでも力になればと、お手伝いさせてもらってます。
今年もいろいろ探し、下見をし、
いくつかに候補をしぼり、その1つの抽選会へ。

しかし、、、。

まぁ、いろいろな理由があったのですが、
結局その日は抽選会には参加できず。
やっぱり制約がいろいろと厳しいですねぇ。
2年に1度でも、ちゃんと覚えていて、
楽しみにしてくれている人の声が聞こえているし、
諦めずに探して、交渉を続けます。


ところで、ノンキーを知らない方へ。
ノンキーとは?

2012 2/6 横浜観光大使?

海外からのお客様を迎えている師匠宅。
横浜を案内してあげたいとの事で、半ば強制的に同行する事に。
というか、デスクに向かいっぱなしだった、
僕の現実逃避の言い分けだったりなんだったり。。。

大桟橋からの港町横浜を眺めたり、
中華街散策してみたり、短い時間ながら要所を抑えた観光。
弾丸ツアーになってしまったけど、
なかなか満足してくれたようでよかった。
日本のいろんな事に興味を持ち、
とても頭の回転の早い人たちだったので、
我々も普段気にしない事を、
改めて考えたりして面白い時間でした。
まぁ、最も感動していたのが100円ショップだった??
という疑問は、この際置いておきます。

なんか最近横浜を案内する事多いです。。。
そろそろ観光大使の話が来るんじゃないかとドキドキです。
いいんです、妄想するだけは自由ですから。

top

music

comments

CD

travel

link

log

copyright shunsuke arai all right reserved